2018年1月16日(火)よりサポートサイトはhttps://support2.karte.ioへ移行しました。

メール(mailgun) - 事前準備

すでにメルマガを送っている方はもちろん、カート投入したが購入に至っていないユーザにメールを送りたいなど、ユーザアクションに紐付けてHTMLメールを送ることができます。本ページではメール配信を行うための事前準備について詳しくご説明します。

事前準備


 0. メール機能について
 1. ユーザデータ取得と利用ドメインの用意
 2. サポートチームにお問い合わせ
 3. DNSの設定
 4. KARTEアプリ設定

 

0. メール機能について


KARTEのメール機能は主に以下の機能がございます。

 メール配信機能
リスト(抽出)配信 配信対象リストに対して一括で大量のメールを配信する機能
トリガーメール 受信者側の行動に基づいて、メールを自動的に配信する機能
マルチパート配信 HTMLとテキストメールを自動で送り分けする機能 
配信日時指定 配信日時を指定して自動的に配信する機能 
ABテスト配信  異なったメールの内容でA/Bテストできる機能
遅延配信 購入や会員登録を起点に配信するタイミングを遅らせる機能 
多言語配信 さまざまな言語でメール配信できる機能 

 

 メール作成機能
属性の差し込み KARTEで取得しているユーザー情報を差し込む機能
HTMLエディター HTMLを編集する機能
テンプレート保存 HTMLエディターで作成したテンプレートを保存する機能

 

1. ユーザデータの取得と利用ドメインの用意


1.1 メールを送信するために、email と subscription の情報をタグ経由で送信する

ユーザータグの設置をご確認の上、ユーザー情報を取得するすべての箇所にユーザータグを設置ください。メール配信に最低限必要な情報は以下になりますが、その他必要な情報を合わせて送信いただくことをお勧めします。 

  • email: 送信先となるエンドユーザのメールアドレス
  • subscription: エンドユーザがメール配信を希望した場合は true、メール配信停止を希望した場合は false を送る。
    • メール配信停止の完了ページにユーザータグ設置の上、subscription をfalseで送るようにしてください。

1.2 利用ドメインの用意

KARTEからのメール送信専用に利用するドメイン(サブドメイン可)のご準備をお願いしております。

  • MXレコードを設定する場合、対象のドメイン(メールアドレスではなくドメイン全体)はメールシステムに自動送信されるため、そのドメイン宛てメールの受信が行えません。
  • たとえば、送信ドメインをml.example.comにした場合、hoge@ml.example.comへのメールはお客様側では受信できません。
  • 実際の返信は、KARTE管理画面で返信受付用メールアドレスの設定項目があるので、そちらで設定したアドレスで受け取ることになります。

 

2. サポートチームに問い合わせる


2.1 ストアにある「メール(mailgun)」アプリのお問い合わせボタンよりサポートチームにお問い合わせ

  • お問い合わせの際、 #1.2でご準備いただいた利用ドメインも合わせてご連絡ください

 

3. DNSの設定


3.1 サポートチームより下記DNSの情報をご連絡いたしますので、お客様にてDNSのご設定いただく。

  • TXTの2つのレコード(SPF、DKIM)は必須
  • MXレコードは推奨
    • MXレコードを設定しない場合、配信失敗を取得できません。このため、次回メール送信時にも配信失敗アドレス宛にも配信してしまい、メール通数を必要以上に増やしてしまう場合があります。
    • 到達しないメールアドレスに送り続けるとエンドユーザ側でスパム判定されてしまう可能性があります。
  • ※ DNS設定から48時間以降にメール配信を行えます

 

4. KARTEアプリ設定


アプリ > メール より各項目を設定し、一番下にある保存ボタンより保存を行ってください。

__________2017-07-21_15.50.04.png

  • 有効化にチェックを入れる
  • ドメイン
    • 1.2でご用意いただいたドメインを設定してください
  • 送信者名
    • メール送信時の送信者名を指定してください
  • 送信アドレス
    • 「ドメイン」で登録したドメインと同じものを使用してください
    • 異なるものを設定した場合、エンドユーザ側でなりすましの判定をされる可能性があります
  • 返信先アドレス
    • MXレコードを設定している場合は、「ドメイン」と異なるドメインのアドレスを設定してください
    • MXレコードを設定していない場合は、「ドメイン」と同一のものを設定いただけます
    • 参考: MXレコードを設定している場合の具体例
      • ドメイン: example.karte.io
      • 送信元メールアドレス: send@example.karte.io
      • 返信先メールアドレス: reply@karte.io
  • クリックトラッキングの無効化
    • メールのリンククリックの効果を測定する場合はチェックはいりません。
  • 開封トラッキングの無効化
    • メールの開封の効果を測定する場合はチェックはいりません。
  • 通知先メールアドレス
    • 送信可能上限数に対して月間合計送信数が90%に達した場合に、最初の通知メールが届きます
    • 送信可能上限数に対して月間合計送信数が100%に達した場合に、上限到達の通知メールが届きます

  

関連情報