S3プラグイン

S3プラグインの概要

  • S3プラグインを利用することで、KARTE環境上にプロジェクト固有のS3バケットとアクセスキーが払い出されます
  • このS3バケット上に配置したファイルはデータテーブル等からの取り込みが可能です


アクセスキーの生成

  • 事前設定が必要ですので、お問い合わせください
  • S3連携が利用可能な場合、ご利用中のプロジェクトの[アプリ設定]に下記の設定が表示されます
  • ここでアクセスキーを生成をクリックすると、 ご利用中のプロジェクト専用のS3ディレクトリのアクセスキーが生成されます
    • アクセス情報の取扱には十分注意してください
  • 一度アクセスキーを生成した後では、ボタンがアクセスキーを再生成に切り替わります
 

aws-cliを使ってS3にアクセスする(推奨) 

0.aws-cliをインストール

下記のドキュメントを参考にしてください
http://docs.aws.amazon.com/cli/latest/userguide/installing.html

 

1. profileの設定

  • S3アプリ設定で生成されるアクセスキーIDシークレットアクセスキーをprofileとして設定します
aws configure --profile {{プロファイル名}}
AWS Access Key ID [None]: {{管理画面上に表示されているアクセスキーID}}
AWS Secret Access Key [None]: {{管理画面上に表示されているシークレットアクセスキー}}
Default region name [None]:
Default output format [None]:
 

2. ローカル環境のファイルをS3上にコピーする

  • 下記形式のコマンドでローカルのファイルが指定したパスにコピーされます
aws s3 cp {{ローカル環境のファイルパス}} s3://karte-data-bucket/{{管理画面上で表示されているアクセス可能なs3フォルダ}}/ --profile {{設定したプロファイル}}
  • アップロードに成功した場合は下記のような出力となります
upload: {{ローカル環境のファイルパス}} to s3://karte-data-bucket/{{管理画面上で表示されているアクセス可能なs3フォルダ}}/{{ローカル環境のファイル名}}
 
 
 

CyberDuck(無料FTPソフト)を使ってアクセスする 

1. CyberDuckをDLしてインストール

 

2. 新規の接続を追加

  • インストールしたCyberDuckを起動し、左下に表示されている+マークをクリックし、新規の接続を設定します
     
  • 左上の新規接続から作成した場合詳細設定が選択できないため、必ず+から作成してください
 

3. 接続情報を設定

  • 下記のスクリーンショットの形式でポップアップが起動しますので、下記入力例に従いアクセスキーの生成で払い出された各種接続情報を設定してください
  • ※本番環境でのパスは下記のパターンです
    • /karte-data-bucket/karte-{{API_KEY}}
 
  • 上記の設定が完了しましたら、ポップアップを閉じてください
 

4. 接続

  • 先ほど設定した内容が接続先一覧に現れます
  • 接続先を選択すると、ポップアップからシークレットアクセスキーの入力が要求されますので、アクセスキーの生成で払い出されたキーを入力することでディレクトリに接続されます