ウェブチャット未読者のセグメント作成方法

ここでは、ウェブチャットを使用しているプロジェクト向けに、「ウェブチャットの最新メッセージを読んでいないユーザー」を対象とするセグメント設定をご説明します。

なお、未読を管理するイベントの発行は2017年1月から開始されたので、それ以前のメッセージの既読状態は参照できないことにご注意ください。

 

ウェブチャット未読者のセグメント設定


セグメントの作成にて、下記のように設定いただくことで、「ウェブチャットの最新メッセージについて、未読状態が24時間以上続いているユーザー」などのセグメントを作成することができます。

すべての期間 ウェブチャット未読/既読 既読 の 最新の値 が false に等しい

かつ

すべての期間 ウェブチャット未読/既読 変更日時 の 最新の値 が 24時間前まで

 

「ウェブチャット未読/既読」の「変更日時」を条件に入れることで、メッセージを受け取ってからあまり期間が経っていないユーザーを、セグメント対象から除外することができます。

 

この条件に合うユーザーに対して接客サービスを配信したい場合は、接客サービス作成時、ここで作成したセグメントを対象ユーザの条件に追加してください。