2018年1月16日(火)よりサポートサイトはhttps://support2.karte.ioへ移行しました。

LINE@連携すると既に友だちとなったユーザーにもメッセージを送信できるのでしょうか。

LINE@アカウント既存友だちの取り扱いについて

KARTE連携前に友だち登録されたユーザーは、KARTE上でのユーザー情報とLINE@の友だちのIDの紐付けをしなければ、KARTE側から個別配信・一斉配信に関わらずメッセージを送ることはできません。
ただし、LINE側の管理画面(LINE@MANAGER)から一斉送信を行うことは可能です。

 

LINE@連携時における過去に友だち登録をしたユーザーとの紐付けする方法

LINE@アカウントとKARTEの連携実装後に、過去にLINE友だち登録したユーザーとKARTE上のユーザー情報を紐づけるためには、同一cookieで会員ID/PassでのログインとLINEログインが必ず必要となります。

上記はPCブラウザ、スマートフォンブラウザ、LINEアプリ内ブラウザそれぞれに置いてcookie情報が異なるため、原則として2段階でのログインが必要となります。

 

LINE@アカウント既存友だちがKARTEのメンバー情報を持っていない場合

サイト未訪問で、実店舗でQRコードを読み取ってLINE@のアカウントと友だち登録をしている場合は、LINE@アカウントとKARTEの連携実装時点ではKARTEでのメンバー情報はありません。
しかし、plugin_line_identifyイベントが発生すれば、LINEのユーザー情報をKARTE側で認識し、以後のメッセージ送信が可能となります。