CSSモジュール化スタイルの移行に関して

KARTEの接客アクションでは、配信するCSSがサイト側のスタイルに影響しないよう、CSSのモジュール化を行なっています。

以前はLESSが使われていましたが、機能を増やすために、Simple CSS-Modulesへの移行が行われました。

現在、LESSで作成された接客アクションは「非推奨」となり、サポート対象外になります。

 

移行作業について

KARTEがデフォルトで提供するテンプレート一覧について、Simple CSS-Modulesを用いたテンプレートへの入れ替えを完了しています。

なお、CSSモジュール化スタイルの変更に伴い、クラス名変換の挙動などが変わります。そのため、既存のアクションのCSSモジュール化スタイルが自動で変更されることはありません。

すでに使われている接客アクションをSimple CSS-Modulesに移行したい場合は、お手数ですが、移行作業完了後に新規テンプレートから作り直していただくよう、お願いします。

  

Simple CSS-Modulesでのみ使える機能

Simple CSS-Modulesを使うと、アクション側で定義したHTML/CSSのclass名が自動で変換され、サイト側のclass名との衝突が発生しにくくなります。

また、変換前のclass名が格納されたstylesオブジェクトを、Script内から参照できます。

(例) 変換前のclass名を使ってjqueryでセレクタ指定をする。

jquery("."+styles["container"]);