アクションでカスタムイベントを送信する

こちらのドキュメントの内容については、Javascriptの知識が必要となります。ご了承ください。

 

カスタムイベントの送信

アクション内で、ユーザーの操作等によって何らかのイベントを送信したい場合は、Script内で下記のように記述ください。

// event_nameという名前で、イベントが送信されます
tracker.track('event_name', {
    value1: 'xxx',
    value2: 'yyy'
});

第1引数(「event_name」の箇所)にはイベント名を入れてください。半角英数字のみで、先頭は英字のみにしてください。
第2引数には送信するイベントの値をJavascriptのObjectの形式で指定します。

ただし、この方式でmessage_clickイベントは送らないでください。管理画面でクリック数として計測されなくなります。message_clickについてはmessage_clickイベントの送信をご参照ください。

イベント送信後に何らかの処理を行いたい場合は、第3引数にコールバック関数が指定できます。

tracker.track('event_name', {
value1: 'xxx',
value2: 'yyy'
}, function() {
// イベント送信後に行いたい処理を記述
});

 

message_clickイベントの送信

 アクションがウィジェットの場合、任意の箇所でmessage_clickイベントを発生したい場合は、下記のメソッドが使用できます。

widget.track_event('message_click', {
    url: 'https://...'
});

urlパラメータには、遷移先のURLを指定してください。クリック遷移する場合でなければ指定不要です。

ただし、アクション内で通常のmessage_clickイベントが発生する場合、このスクリプトで送ったmessage_clickイベントと通常のmessage_clickイベントは区別できませんのでご注意ください。