[スクリプト] ページ上に指定のテキストがあった場合にイベントを送信するテンプレート

このテンプレートを接客サービスで配信することで、ページ遷移やクリックなどが発生しないページでも、イベントを発生させることができるようになります。

こちらのテンプレートは、その他のポップアップやチャット、アンケートのようにユーザーの目に触れるようなアクションではなく、裏側でスクリプトを配信する形になっています。そのため、その他の接客サービスと一緒に配信するような指定になっていたとしても重複して表示されることはございません。

 

利用するテンプレート


テンプレートの「スクリプト」に保存されている以下のテンプレートを選択します。

_____.png 

機能について


  • ページ上の指定のテキストの有無を取得して、_find_elementイベントをKARTEに送信するシンプルな機能です
  • 設定項目

    • CSSセレクタ:指定したテキストのCSSセレクタ名を記載してください。class名で指定している場合は「.」id名で指定している場合は「#」を前につけます。
    • キーワード:指定するテキスト内容を記載してください。テキストの一部(部分一致)でも設定可能です
    • 要素が存在するまでチェックを続ける:ページ表示時ではなく、ユーザーがページに何らかの入力を行なってる際など、途中で出現するテキストを指定する場合はチェックを入れてください
    • スクリプト設定:イベントを送信するためにはチェックを入れてください

このテンプレートを利用して接客サービスを配信する際のポイント


こちらのスクリプトの配信は、通常の接客サービスと同様に行います。セグメントを選択し、テンプレートを選択する際にこのテンプレートを選択頂くだけです。ルールに合致するページにてスクリプトが配信されます。全ページ、全ユーザーに配信していても問題ございませんが、意図しないタイミングでのイベント発生が増えてしまいますので1セッションに1回だけ配信されるように絞り込むなどの指定をすることもお勧めいたします。

配信ページの指定にて、セッション内のPV数が1に等しい、といったルールを追加することで1セッションに1回だけ配信するということも可能です。

 

イベントが取得されているか確認する


接客サービス作成後、テスト配信を行っていただき、イベントが取得できているか確認をお願いいたします。(テスト配信の方法についてはこちら

 __________2017-07-28_10.31.37.png

 

 

取得したイベントを利用する


スクリプトで取得したイベントは「_find_element」という形で取得されます。セグメントで指定する場合は以下のように利用することができます。

 __________2017-07-28_10.36.38.png

 

また配信ページで指定する場合は以下のように設定が可能です。

__________2017-07-28_10.37.04.png