2018年1月16日(火)よりサポートサイトはhttps://support2.karte.ioへ移行しました。

任意のデータを送信する

KARTEで使用できるユーザータグ、コンバージョンタグ、カスタムイベントタグでは、予約されているプロパティ以外にも自由にプロパティを設定できます。たとえばサイトが独自に持っているユーザーのフラグなどは、ユーザータグを使って以下のように設定できます。
<script type="text/javascript">
try{
tracker.user({
user_id: "00001", // 予約されているプロパティ company: "companyA", // 会社情報 is_employee: true // 従業員フラグ });
}catch(e){
if('tracker' in window){
tracker.track('_error',{
message: e.message
});
}
}
</script>

 

 

送信できるデータの型


送信できるデータの型は以下の4種類です。

 

記述の例
文字列型 "KARTE", "00001"
数値型 1, 100, 0.1
Date型

※Date型をご利用の場合は、

プロパティ名の末尾に"_date"を付加してください。

例:birth_date , first_buy_date

new Date("2014/01/21")
Bool型 true, false


パラメータは自由に追加可能ですが、タグで使用できないパラメータは追加できません。