接客サービスの結果を確認する

結果表示画面で使われている用語


接客サービスの結果ページで使われている各用語の意味は以下の通りです。

  • イベント
    レポートに出てくる数字の母数になったイベントを指定できます。「接客」か「クリック」を選択することができます。

  • 配信
    接客アクションが表示されたセッションの数を指します。

  • クリック
    配信された接客アクションをクリックしたユーザーの数を指します。

  • ゴール
    コンバージョンタグやSignupを計測するカスタムイベントを設置したときにそれらに到達することをゴールと呼びます。

  • ゴール率
    イベントで選択された「接客」か「クリック」を母数としてゴールに到達した割合を示しています。イベントで「接客」を選択して購入(buy)をゴールとした場合は、接客アクションを表示されたセッションのうち商品購入に至った成約率(コンバージョンレート)を指します。

  • CTR
    接客アクション配信のうちクリックされた確率です。クリック数 / 配信数 で表示されます。

  • 平均滞在時間
    イベントで選択された「接客」か「クリック」の数を母数として1ユーザーがそのセッションでどのくらい滞在したかの平均を出しています。

  • 平均PV数
    イベントで選択された「接客」か「クリック」の数を母数として1ユーザーがそのセッションでどのくらいのPVをみたかの平均を出しています。

  • 来訪あたりの平均単価
    イベントで選択された「接客」か「クリック」のセッション数を母数として、そのセッションで発生した売上を割ったものになります。

 

接客サービスの結果の確認


 

__________2017-05-30_11.33.38.png

 

右上にあるイベントとゴールを動かすことで、接客サービスのレポート内容を変更できます。

イベントはデフォルトで「接客」になっております。「接客」が選択されているときにはグラフに表示されているゴール率は、接客サービスの配信数に対してのゴール率になります。

テンプレートがクリックできるものでクリックしたユーザーの動きをしりたい場合はここを「クリック」に変更することでクリックしたユーザーに対してのゴール率を見ることが可能です。

更に下へいくと棒グラフで「日別の推移」や表形式で「月間推移」なども確認することができます。この表の数字も、右上のイベントとゴールを動かすことで、配信に対してのbuy(購入)をゴールとしたレポート、クリックに対してのbuy(購入)をゴールとしてレポート、などに切り替えていくことができます。

また「アクションの効果」タブをクリックしていただくと接客サービスを実施してみた結果、効果が出ることがわかったり、新しいバナーも含めてバナーのA/Bテストを行いたい場合は右上の設定内容変更、もしくは一番したにある「アクションを追加」から接客アクションの追加が可能です。

__________2017-05-30_11.33.47.png

  

集計の数値についての注意点


KARTEの接客サービスの数値集計は、リアルタイムに表示をする仮集計用のデータベースと、ご請求データとして保持するデータベースの2つのハイブリッドで表示されております。朝10時のタイミングで、ご請求用のデータベースの前日までのFixしたデータへと上書きをする処理をしております。そのタイミングで若干ですがリアルタイム集計で表示されていた数値から減少して見えることがございますので、ご留意ください。