テンプレートからアクションを編集する

サイト内でお客様に表示するポップアップやチャットを接客アクションと呼びます。この項目では接客アクションを作成するステップについて紹介します。こちらではポップアップ型の接客サービスの編集方法を中心にご紹介します。

まずは「接客のデザインテンプレートから選んで追加する」のボタンを押してテンプレート選択画面へ遷移します。

 __________2017-06-21_16.08.23.png

テンプレート選択画面


用意されているテンプレートを選択した後は、自社のサイトに合うようにカラー、サイズ、などを変更していきます。用意しているテンプレートは「オリジナル」「通知・カード」「アンケート」「TALK」「データ連携・アイテム表示」「埋め込み・常駐」「スクリプト」の7カテゴリに分かれています。

  • オリジナル:サイト内で新規に作成されたテンプレートです。
  • 通知・カード:サイトにテキストと画像で情報を表示するポップアップです。
  • アンケート:アンケートによってユーザーを知り、次の接客につなげます。
  • TALK:チャット、メッセージ、メール等でコミュニケーションします。
  • データ連携・アイテム表示:外部データやサイトから取得したデータを元に、アイテムや記事等を表示する接客です。
  • 埋め込み・常駐:サイトに埋め込み、もしくはアイコン等で常駐して常時表示するタイプの接客です。
  • スクリプト:javascriptのみを配信するアクションです。外部サービスとの連携等にも利用できます。

__________2017-06-21_16.09.26.png 

また、表示するテンプレートは画面の中央に大きく表示される「カード型」と画面の端から表示される「通知型」の2種類があります。カード型は大きいので訴求を強くしたい時に、通知型はあまりお客様の行動を妨げずに接客をしたい時に利用します。

 

「通知」タイプを編集する


通知タイプは「テキスト」のみ、もしくは「アイコン」と「テキスト」で構成されています。接客サービスでお客様に伝えたい情報に合わせてアイコンとテキストを組み合わせて編集をします。テンプレートを選択すると、左側に変更できる項目が、右側にプレビュー画面が出てきます。プレビュー画面は「PC」「iOS」端末各種「Android」端末各種の切り替えができます。

 __________2017-06-21_16.17.07.png

  

画像サイズについて


テンプレートに記載されている画像サイズは、実際に表示されるサイズになります。Retinaディスプレイの場合にこのサイズ通りの画像をはめ込んでしまうと荒くなってしまうので、実際のサイズの2倍の解像度の画像をご用意いただくことを推奨します。画像サイズは縦横比が同じであればKARTE側で自動調整がされます。 

 
画像位置の調整

管理画面の左上のカスタマイズを選択しCSSの編集で画像位置の調整することも可能です。