MakeShop: ユーザータグの設置

  MakeShopにて、KARTEに来訪者のユーザーIDを送信するためのユーザータグ設置の手順です。

ユーザータグを設置することで、購入完了時以外も、ログイン中であればKARTEにユーザーIDが送信され、MakeShopの会員情報と連携することが可能になります。

PCページ

1.ログインページ管理へ移動

MakeShop管理画面トップ>独自デザイン>ログインページ管理 をクリックしてください。

 2.ログアウトデザインの編集

ログアウトデザインに以下のタグを記入してください。 注:ログインデザインにはKARTEのユーザータグを記入する必要はありません。


<script type="text/javascript">
setTimeout(function () {
  var elems = document.getElementsByName('login_id');
  var elem = elems[0];
  if (elem !== undefined  && elem.value !== undefined && elem.value !== "") {
    var user_id = elem.value;
    tracker.user({
        user_id: user_id,
        name: user_id
    });
  }
},200);
</script>

入力後、適用ボタンをクリックし、保存します。  

 3.上段メニューの管理へ移動

独自デザイン>独自デザイントップ>上段メニュー管理をクリックします。  

 

4.上段メニューの編集

上段メニュー 欄の入力済みの計測タグの直後に[LOGINTYPEZ] と記入します。

注意:「2.ログアウトデザインの編集」で、ログアウト・ログインデザインにKARTEユーザータグ以外のHTMLが入力されている場合、[LOGINTYPEZ]の記入によりそれらのHTMLが上段メニューに表示されます。

入力後、適用ボタンをクリックし保存します。 以上でPCページへのユーザータグ設置は完了です。  

スマートフォンページ

1.スマホデザインの設定へ移動

MakeShop管理画面トップ>スマホ・モバイル>スマホデザインの設定をクリックしてください。

 

2.適用中のテンプレートの選択

表示されるスマホテンプレート一覧より、現在適用されているテンプレートの編集ボタンをクリックします。

 

デザインセット編集画面一覧より、フッターをクリックします。

フッターデザイン一覧より、利用中のフッターデザインの編集ボタンをクリックします。

 

2.HTMLの編集

表示されるページのHTML編集欄の最上部に以下のタグを記入します。


<script type="text/javascript">
setTimeout(function () {
  var elems = document.getElementsByName('login_id');
  var elem = elems[0];
  if (elem !== undefined  && elem.value !== undefined && elem.value !== "") {
    var user_id = elem.value;
    tracker.user({
        user_id: user_id,
        name: user_id
    });
  }
},200);
</script>

適用ボタンをクリックし、保存します。   以上でスマートフォンページへのユーザータグの設置は完了です。