はじめに(KARTEご利用の流れ)

KARTEでアカウント作成をしてから、接客サービスを配信するまでの流れをご説明します。まず最初に全体像をつかむためにこちらをお読みください。詳細については各ステップに応じた詳細ドキュメントを用意しておりますのでご参照ください。

 

アカウント作成


KARTEの利用申し込みをすると申し込み時に入力したメールアドレスにメールが送信されます。そのメールに「アカウントを有効化する」リンクがあるのでそのリンクからアカウント作成フローに入ります。

すでに企業内で他のメンバーの方がKARTEの利用申し込みをしている場合は、すでに利用申し込みをしている管理者の方より「招待メール」を送ってもらってプロジェクトに招待してもらいます。

 

 

初期設定 / 計測タグ設置


KARTEは計測タグを設置することで利用開始ができます。計測タグはコピー&ペーストで設置可能で非常に簡単です。ECサイトでASPサービスやカートシステムを利用している場合は、各カートに沿った設置方法をご用意しております。

計測タグの設置についてはこちらのドキュメントをご確認ください。

 

タグ・イベントの設定


KARTEでは計測タグで計測する閲覧データのほかに、タグ・イベントの設定の項目で設定したイベントを計測することが可能です。サイト上のユーザーの行動に合わせて発生する「イベント」がKARTEでの計測や接客アクションを実施する上での最小単位となっています。イベントの計測は追加でタグを設置する方法と、URLなどの条件登録で計測する2つの方法があります。

タグの設置は、計測タグのほかに購入情報やコンバージョンを計測する「コンバージョンタグ」、会員登録のあるサイトで会員情報を計測する「ユーザータグ」、その他任意のイベントを計測する「カスタムイベントタグ」があります。

 タグ・イベントの設定についてはこちらのドキュメントをご参考ください。 

 

セグメントの管理・設定


個々のユーザーのサイト内での行動や、サイト内で発生したイベントは、「イベントのサマリ」として各ユーザーにひも付きます。セグメントではこの「イベントのサマリ」を元にして、ユーザーが計測開始されてから今までのイベントからセグメント化をすることが可能です。

常にサイト上で確認したいユーザーセグメントや、接客サービスを実施したい対象のセグメントを作成して自社のサイト用にカスタマイズをしましょう。

セグメントの管理についてはこちらのドキュメントをご参考ください。

 

接客サービスの作成・公開


サイトに来ているユーザーのセグメントに対して接客サービスを作成して実施しましょう。接客サービスの作成は以下の4ステップです。各ステップの詳細はこちらのドキュメントをご覧ください。

  1. 対象ユーザー(接客対象のセグメントを選ぶ)
  2. アクション(お客様に表示するアクションを決める)
  3. 配信ページ(配信するページや除外ページを指定する)
  4. 公開設定(ユーザーへの配信頻度や期間などの設定)

 

接客サービスの結果確認


接客サービスを公開したら、接客サービスの効果を振り返りましょう。接客サービスを配信して実際にどのくらいお客様が接客サービス経由でコンバージョンしたのかはリアルタイムに確認することができます。また、A/Bテストを実施している場合は各案の比較も一目で確認をすることが可能です。

接客サービスの結果確認についてはこちらのドキュメントをご確認ください。