2018年1月16日(火)よりサポートサイトはhttps://support2.karte.ioへ移行しました。

えびすマート:Googleタグマネージャー側の設定

 

Googleタグマネージャー(以下GTM)の変数設定の手順です。

 

変数の設定


変数>ユーザー定義変数>新規ボタンをクリックします。

 

以下のトリガーを設定します。

種類:データレイヤーの変数

データレイヤーの変数名:user

バージョン:2

 変数名:user

 

種類:データレイヤーの変数

データレイヤーの変数名:buy

バージョン:2

 変数名:buy

 

種類:URL

要素タイプ:プロトコル

詳細設定>URLソース:ページのURL / デフォルト

変数名:Page Protocol

 

以上で変数の設定は完了です。


トリガーの設定


GTMにおいて、各タグを出力するためのトリガーを設定します。

 

購入完了ページを指定するトリガーと、SSLページを指定するトリガーを作成します。

それぞれに対応するトリガーが既に作成済みの場合は、この手順は不要です。

 

トリガー>新規をクリック

 

以下の2つのトリガーを設定してください。

 

イベント:ページビュー

トリガーのタイプ:ページビュー

配信するタイミング>一部のページビュー:"Page Path" 含む "cart_complete"

トリガー名:購入完了ページ

 

イベント:ページビュー

トリガーのタイプ:ページビュー

配信するタイミング>一部のページビュー:"Page Protocol" 含む "https"

トリガー名:SSLページ

 

以上でトリガーの設定は完了です。


タグの設定


実際に出力されるタグを設定します。

タグ>新規作成をクリック

以下の3つのタグを作成してください。

 

プロダクト:カスタムHTMLタグ

タグ:KARTE管理画面>タグ・イベントの設定 より取得した計測タグを記入してください。

Screenshot1.png

 

Screenshot2.png

詳細設定>タグ配信の優先度:10

配信するタイミング:All Pages

タグ名:計測タグ

 

プロダクト:カスタムHTMLタグ

タグ


<script type="text/javascript">
var a = location.pathname.split('/');
var user = {{user}};
if ( user.user_id != undefined && user.user_id != null && user.user_id != ''){
tracker.user(user);
}
</script>

詳細設定>タグ配信の優先度1

配信するタイミング:その他>SSLページ

タグ名:ユーザータグ

 

プロダクト:カスタムHTMLタグ

タグ


<script type="text/javascript">
tracker.buy({{buy}});
</script>

詳細設定>タグ配信の優先度1

配信するタイミング:その他>購入完了ページ

タグ名:buyタグ

 

以上でタグの設定は完了です。

Googleタグマネージャー上のプレビューモードなどで、実際にタグが正しく出力されているかご確認ください。