クエリキー(query Key)の確認、登録方法

クエリキー(query Key)とは


URLの「?」以降の部分を指します。例えば、http://xxx.com/?utm_campaign=trueのようなページがあった場合、クエリキーはutm_campaignとなります。

 

クリエキーを利用するケース


GoogleのURL生成ツールなどを使用してカスタムキャンペーンパラメーターを生成した際に、クエリキーを設定するとパラメーター特定のキャンペーン(広告)経由で来訪したユーザーを特定することが可能となります。

 

クエリキーの設定


クエリキーの設定は基本設定&決済設定のオプションより行います。


クエリキーの設定を確認


設定したクエリキーを含むアクセスが計測されているかを確認します。セグメントの条件は自由に変更いただいて問題ございません。

  • 設定したクエリキーに合致するアクセスを発生させる
    • 今回の場合はhttp://XXXX.com/?utm_campaign=trueにアクセス
  • ユーザーの行動履歴を確認する
    • ユーザーの行動履歴でqueryKey utm_campaign値が表示が確認できたらセグメントを設定できます。
  • セグメントを作成
    • すべての期間>計測タグ>閲覧ページのクエリキー(utm_campaign)>最新の値>true>に等しい
  • セグメントにユーザーが含まれることを確認する
    • 再度設定したクエリキーに合致するアクセスを発生させ、セグメントにユーザーが含まれば設定は問題なくできています。