2018年1月16日(火)よりサポートサイトはhttps://support2.karte.ioへ移行しました。

ストア:「スタンプラリーで連続アクセス促進を」利用方法

ストアの「スタンプラリーで連続アクセス促進を」の設定手順を以下に示します。

__________2017-07-18_13.38.34.png

 

【手順】

1.ストアより「スタンプラリーで連続アクセス促進を」をインストールする

※接客サービスの中にアクション毎に1日目、2日目、3日目のテンプレートが格納されております。

 

2.接客サービスを1日目、2日目、3日目それぞれ分ける

2-1.インストールした接客サービスを「複製」(×2回=合計3つの状態)

__________2017-07-18_13.42.42.png

 

2-2.「複製」した3つの接客サービスに名称(例:1日目、2日目、3日目)をつける

Screenshot1.png

Screenshot2.png

 

2-3.各接客サービスのアクションを該当の日にちのみ残す

例)接客サービス:2日目=アクション:2日目のみ ※1日目用、3日目用を削除する

Screenshot2.png

 

3.各接客サービスの対象ユーザーに設定するセグメントを作成する。

※各接客サービスに設定する対象ユーザー

①接客サービス(1日目):任意のユーザー

②接客サービス(2日目):1日目の接客サービスを「前日」に配信されたユーザー

③接客サービス(3日目):2日目の接客サービスを「前日」に配信されたユーザー

 

※接客サービスそれぞれが表示されたタイミングで任意のイベントが発生します

1日目 message_open_day1

2日目 message_open_day2

3日目 message_open_day3

 

例)②のセグメントの作成方法(前日に message_open_day1 が発生しているユーザー)

※注意点:一度イベントを発生(テスト)を行わないとイベントを指定できませんので注意ください。

すべての期間〉message_open_day1〉最新の値〉前前日以降

すべての期間〉message_open_day1〉最新の値〉前日まで

 

例)③のセグメントの作成方法(前日に message_open_day2 が発生しているユーザー)

※注意点:一度イベントを発生(テスト)を行わないとイベントを指定できませんので注意ください。

すべての期間〉message_open_day2〉最新の値〉前前日以降

すべての期間〉message_open_day2〉最新の値〉前日まで

 

4.各接客サービスの対象ユーザーにセグメントを設定する

 

5.必要に応じアクション編集(画像サイズ・色、リンク先、テキスト要素)と配信ページの設定を行う。

 

6.配信を開始(事前に必ずテストを行ってください)

__________2017-07-18_14.27.31.png