ドメイン(サブドメイン含む)が異なる場合は、Live動画は分断されてしまいます。

例)
Aドメイン閲覧→Bドメインにページ遷移の場合は下記2つに分断
・Aドメイン閲覧タブでの動画
・Bドメイン閲覧タブでの動画

Aドメイン閲覧→Aのサブドメインにページ遷移は下記2つに分断
・Aドメイン閲覧タブでの動画
・Aのサブドメインタブでの動画

上記のように分断される理由は、動画ごとに付与しているlive session idの保存先が、ドメイン間(サブドメイン含む)でのマージができない仕様のためです。

Liveでは通常ブラウザのセッションよりも短いlive sessionという単位で動画を作っています。
live sessionごとにlive session idを生成して動画ごとに付与していますが、このidの保存先がドメイン間(サブドメイン含む)でのマージができない仕様となります。
そのためKARTEではAドメイン〜Aサブドメイン間で同じユーザーとして扱えても、liveの動画だとAドメインからAサブドメインに遷移したときにlive session idが別で発行されてしまい、動画が分断されます。

※参考
録画セッションの切り替わりロジックについて
https://support.karte.io/post/5MpBQD0gqWcNw3POv9AO15#1-3