ゴール機能とは

  • サイトにおける重要なイベントをゴール(最終ゴール/中間ゴール)として定義し、各画面で振り返りをサポートする機能です。

ゴール機能を利用する場所

  • ゴールレポート(β)でサイト全体のゴール傾向を見る。
  • 接客サービス詳細で一つ一つの施策の効果測定をする。
  • ユーザーストーリーで一人一人の行動を理解する。
  • このページではレポート接客サービス詳細のみの説明をします。

ゴール機能の利用準備

  • 事前に最終ゴール/中間ゴールを設定します(上限20個まで)
  • サイトのKGI/KPIをなるイベントがKARTEで取得できているか確認をしましょう。
  • ゴール機能は、グローバルナビゲーション「インサイト」 > ゴール でご確認いただけます。

null

ゴール機能の設定

  • 最終ゴール/中間ゴールは接客サービス毎に設定が可能です。
  • 各接客サービスのゴールが正しく設定されているか確認をしましょう。
    null

ゴールレポート(β)の見方

  • ゴールレポートではどの中間ゴールが最終ゴールに寄与しているか、どのようなユーザー行動を経て各ゴールに至っているかなどをゴールから逆算して分析することができます。
  • グローバルナビゲーション「レポート」 > レポートを選択し、「ゴールレポート(β版)」をクリックしてプロジェクトゴールレポートゴールタイミングレポートの2種類のレポートを確認してみましょう。
  • ゴールレポートは、グローバルナビゲーション「レポート」 > レポート からご確認いただけます
    null

接客サービス詳細でのゴールの見方

  • 接客サービス詳細では事前に接客サービス毎に設定したゴールを確認することができます。
  • ゴール率(設定したゴールに達成した割合)とUP率(ゴール率が未接客グループと比較してどのくらいリフトアップしているかを割合で)が計測されているか確認しましょう。

null

関連ページ