ユーザー詳細画面の右上にある歯車アイコンから、各イベントの表示・畳み込み・非表示設定を行うことができます。この設定を変えることにより、チャートとタイムラインの表示が変わります。この設定はアカウントごとに保存されます。

null

表示イベント

  • チャートの棒グラフに反映されます。
  • タイムラインで(畳み込まれずに)表示されます。

畳み込みイベント

  • チャートの棒グラフに反映されなくなります。
  • タイムラインでは、畳み込まれた状態でイベントが表示されます。「...」アイコンをクリックすると畳み込まれているイベントを確認できます。

非表示イベント

  • チャートの棒グラフに反映されなくなります。
  • タイムラインでも表示されなくなります。

タイムラインの表示

null

  1. 畳み込みイベントが閉じている状態です。左側の「...」アイコンをクリックすると、開くことができます。
  2. 表示イベントです。
  3. 畳み込みイベントが開いている状態です。左側の「^」アイコンをクリックすると、再び閉じることができます。

プロジェクト単位のイベント表示設定

また、プロジェクト単位で非表示のイベントを設定したい場合は、「イベント」の中の各イベントから設定をします。ここで非表示とすると、上記のユーザー設定の「表示・畳み込み・非表示」のどれにも表示されなくなります。プロジェクト共通での非表示イベントとなります。

  1. グローバルナビゲーションから「イベント」を選択
  2. 右側からイベントを選択し、「情報」を選択
  3. 来訪ログ(ユーザー詳細画面でのイベント表示)、ゴールイベント(接客サービスのゴールに選択)を確認し、変更が必要な場合は右上の「編集」より行う

null