もっとも閲覧した商品の上位N個の商品からレコメンドを表示する方法について紹介します。

概要

 このレコメンドは、特定期間内にもっとも閲覧した上位商品とそれぞれの上位商品に関連する協調フィルタリングのレコメンドを一括で表示する表示ロジックを採用しています。

null

例えば、1か月間にA、B、Cの商品をもっとも閲覧した場合は、A、B、Cを表示するだけではなく、A、B、Cに関連する商品ベースのレコメンドも同時に表示されます。興味や関心があるユーザーは何度も同じ商品を閲覧するケースが多くあります。特定期間内に何度も見る商品は今もっとも探しているものと仮定できるため、それに関連する商品が表示されることで新たな発見を提供することが可能になります。興味を持った商品を見れば見るほど上位商品は変わっていくため、リアルタイムにレコメンドされる商品が変わっていくようになります。

はじめる前に

  • アイテム閲覧イベント(view_item)のカスタムタグが設置されている

    • 設定がまだの場合はこちらの記事を参考に、アイテム閲覧イベント(view_item)の設定をお願いします。
  • 商品マスタがDatahubにインポートされていることが前提になります。

    • インポートがまだの場合はこちらの記事を参考に、商品マスタのインポートをお願いします。
  • 商品マスタをアクションテーブルにエクスポートしている

    • エクスポートがまだの場合はこちらの記事を参考に設定を行ってください。
  • 商品軸レコメンドのデータをアクションテーブルにエクスポートしている

    • エクスポートがまだの場合はこちらの記事を参考に設定を行ってください。
  • 商品ランキングのデータをアクションテーブルにエクスポートしている ※補完を実施しない場合必要なし

    • エクスポートがまだの場合はこちらの記事を参考に設定を行ってください。

仕様

ユーザーが特定期間によく閲覧している商品からレコメンド商品を参照し表示します。上位N件は、任意で変更できるようになっています。また、表示可能な商品範囲内で常にランダムに表示されるようになっているため、アクセスするごとにレコメンド商品の並び順が変わるようになります

  • ユーザーが商品ページを閲覧し、アイテム閲覧イベント(view_item)が発生
  • アクションのユーザー情報変数よりアイテム閲覧イベント(view_item)から上位N件を取得(最も閲覧した上位30件はKARTE側で保持しているためそのデータを使用する)
  • 上位N件をもとに、商品マスタより商品情報を取得
  • 上位N件をもとに、商品軸レコメンドよりレコメンド商品情報を取得
  • 取得した商品が必要数(最小表示数)より少ない場合、商品ランキングよりランキング商品情報を取得
  • 上記にて、取得した商品を表示する

接客サービスを設定する

  • 接客サービス作成画面に遷移して、レコメンド用のテンプレートを選択します。

    • テンプレート(1種類)
      null
      ※テンプレートが表示されない場合は、営業担当へお問い合わせください。
      • KARTEレコメンド(閲覧)view-mr
        • 一定数商品を表示後、「more」ボタンにて下部にさらに商品を表示します
  • 接客サービス詳細画面の「ベーシック」から以下を設定します。

    • アクションテーブル:
      null

      • アクションテーブル名:各アクションテーブルを指定

        • アクションテーブルクエリ名:上記で作成したアクションテーブルクエリ名を指定
          • 商品マスタ:クエリ名
            • 複数の値で参照する必要があるため、 IN にてFilter設定
              null
        • レコメンド:クエリ名
          • 複数の値で参照する必要があるため、 IN にてFilter設定
            null
        • ランキング:テーブルID
          • 任意の順位(amount_rank)でSort設定
            null
      • フィルタリング:

        • フィルタリングしたい条件にチェックを入れる

        • チェックしたフィルタリング条件の枠に値を直接入力するかユーザー情報変数で設定した変数を入力する

          • 例:ブランドの値:brand12345で絞り込む場合
            null

          • 例:_view_itemイベントのbrand_cdで絞り込む場合

            • ユーザー情報変数
              null

            • フィルター
              null

      • データ管理:

        • ユーザー情報変数
          • もっとも閲覧した商品(変数名:view_item):取得する設定
            • 任意(直近4週間)>購入>商品ID>上位30件
            • デフォルト値:任意
            • JSONで出力:ON
              null
      • 購入商品(変数名:boughtItems):購入された商品をレコメンド内に表示しない設定

        • 全ての期間>購入>商品ID>直近30件
          • デフォルト値:"[]"
          • JSONで出力:ON
            null
        • カート商品(変数名:cartItems):カート内の商品をレコメンド内に表示しない設定

          • 最新のセッション>カート>item_ids>直近30件
            • デフォルト値:"[]"
            • JSONで出力:ON
              null
        • 閲覧商品(変数名:viewItemId):閲覧している商品を取得する設定

          • 全ての期間> view_item>item_ids>最新の値
            • デフォルト値:任意
            • JSONで出力:OFF
              null

null

  • 「表示数」「最小表示数」
    • 「表示数」:表示数を超える数は表示しません。また、表示数に満たない場合、補完を実施します。
    • 「最小表示数」:最小表示数に満たない場合表示しない
      null

主な設定は以上で完了になります。

他接客サービス同様にカスタマイズすることにより、自由にデザインを変更するこが可能です。

あとは従来の接客サービスと同じフローで配信設定を行ってください。