ブロックパフォーマンスを活用することで、サイトの要素を手動/自動でブロックに分解し、ブロックごとのパフォーマンス(表示数、クリックUU数、クリック率、ゴールUU数、ゴール率)を一目で把握することができます。
パフォーマンスが良くないブロックはボードに登録し、内容を変更したり、セグメントごとにパーソナライズしたりすることで、継続的なサイトのパフォーマンス向上が可能になります。

このページではブロックパフォーマンスの設定方法を説明します。

全体の流れ

ブロックパフォーマンスを利用する手順は、次の通りです。

  • 計測したいブロックを登録する
    • 手動で登録する
    • 自動で登録する
  • ブロック毎の効果を確認する

計測したいブロックを登録する

※BlocksのChrome拡張機能のインストールがまだの方は、こちらからお願いします。

グローバルナビゲーションの「ブロックパフォーマンス」から、ブロックパフォーマンス画面に遷移します。

null

「ブロックを登録」ボタンを押下し、ブロックを登録したいページを選択します。
※ページが表示されない場合、「3.ページを登録する」を参考にページ登録をお願いします。

null

※既にページからエリア、ブロックを設定済みの場合は、「管理中」というステータスでブロックが表示されます。

null

手動で登録する

ページ遷移後、登録したいブロックを一つずつ登録していきます。

null

自動で登録する

ツールバー右下の「自動ブロック化」をクリックすることで、ページ内のブロックを自動でブロックに分割します。

null

自動ブロック化はページ内の<a>タグ、<p>タグ、<h1>タグ、<h2>タグ、<h3>タグを対象としています。また、<p>タグのみ、中身が空の場合は自動ブロック化の対象とはなりません。

自動ブロック化が完了後、追加選択/選択解除したいブロックがある場合、下部のバー「矢印のアイコン」から「ブロック選択」に切り替え、該当のブロックを選択します。

null

保存ボタンを押下することで上記の設定内容が保存されます。
null

ブロック毎の効果を確認する

ブロックパフォーマンス画面に戻ると、登録したブロックをリスト形式で確認することができます。
null

フィルタ、並び変え

ページ単位、ボード管理可否でフィルタができるようになっています。また、表示数・クリック数・クリック率で並び変えが行えます。

null

ブロックパフォーマンスを活用した運用サイクルを学ぶ

本ページで紹介したブロックパフォーマンス機能を活用して、サイトのパフォーマンスを継続的に高めていく運用法についてはこちらをご確認ください。

また、ブロックパフォーマンス画面の詳細説明は、こちらをご確認ください。

次のステップ

ブロックパフォーマンスの登録が完了したら、「ブロックを登録してサイトに配信する」にお進みください。