ブロックパフォーマンスを活用することで、サイトの要素を自動でブロックに分解し、ブロックごとの表示数、クリック数、クリック率の数値を表示し、パフォーマンスを一目で把握することができます。パフォーマンスが良くないブロックはボードに登録し、内容を変更したり、セグメントごとにパーソナライズしたりすることで、継続的なサイトのパフォーマンス向上が可能になります。

このページではブロックパフォーマンスの設定方法を説明します。

全体の流れ

ブロックパフォーマンスの設定をする手順は、次の通りです。

  • 計測したいブロックを登録する
  • 登録したブロックを確認する

計測したいブロックを登録する

※BlocksのChrome拡張機能のインストールがまだの方は、こちらからお願いします。

「ブロックを登録」ボタンを押下し、ブロックを登録したいページを選択します。

null

※既にページからエリア、ブロックを設定済みの場合は、「管理中」というステータスでブロックが表示されます。

null

ページを選択すると対象のページに遷移し、下記のようなモーダルが表示されます。モーダルの開始ボタンをクリックすると、サイトの要素を自動でブロックに分解します。

null

自動ブロック化はページ内の<a>タグ、<p>タグ、<h1>タグ、<h2>タグ、<h3>タグを対象としています。また、<p>タグのみ、中身が空の場合は自動ブロック化の対象とはなりません。

自動ブロック化が完了後、またはキャンセルボタンをクリック後は下記のように上部にバーが表示されます。

null

1. ブロック件数表示

  • 選択されているブロックの件数が表示されます。

2. 選択モード

  • 通常のカーソル
    • 通常の状態です
  • ブロック選択
    • ブロック化されていない要素にカーソルを当てるとブロックの「追加」が、すでにブロック登録されているブロックにカーソルを当てるとするとブロックの「解除」ができます

null

3. 自動ブロック化

  • ページ内の要素をブロック単位で自動的に分解します。自動的に分解されたブロック要素は下記のように表示されます。(上記モーダルで「開始」をクリックした場合と同じ挙動になります。)

null

4. 全ブロック解除

  • 自動ブロック化でブロック化した要素、すでにブロック登録済みの要素を一度解除します

保存ボタンを押下することで上記の設定内容が保存されます。

ボードで管理中のブロックについて

ボードで管理しているブロックは下記のように緑色の枠線で表示されます。ブロック選択モードでカーソルを当てると「このブロックはボードで管理されています」と表示され、ブロックの解除を行うことはできません。ボード管理しているブロックを削除したい場合は、ボード画面から行ってください。

null

登録したブロックを確認する

ブロックパフォーマンス画面に戻ると、登録したブロックをリスト形式で確認することができます。

null

項目 説明
ブロック 登録したブロック要素のキャプチャが表示されます。
対象ページ・エリア 登録したブロックの対象ページとCSSセレクタが表示されます。
ボード管理 ボード画面で管理しているブロックは「管理中」、ブロックパフォーマンスのみで登録されているブロックは「管理なし」と表示されます。
条件・パターン 設定されている条件・パターン名が表示されます。オリジナル要素はオリジナルと表示されます。(ボード管理で「管理中」のブロックのみ)
表示数 ブロックが表示された回数です。実際に対象のブロックが画面に表示されたタイミングで表示数としてカウントされます。
クリック数 ブロックがクリックされた数です。
クリック率 ブロックのクリック率です。

指標の定義

表示数、クリック数、クリック率の定義はそれぞれ下記の通りです。

  • 表示数
    • 1日以内で、ブロックが表示されたUU数
  • クリック数
    • 1日以内で、ブロックがクリックされたUU数
  • クリック率
    • 1日以内で、ブロックがクリックされたUU数 / ブロックが表示されたUU数

集計期間:直近1日 は、当日の0:00から現在の時刻までを意味します。

たとえば、1日以内に同じユーザーにブロックが複数回表示された場合、管理画面上の表示数は1のままになります。翌日、同ユーザーが再度サイトに来訪し、ブロックが再度表示された場合、表示数が2になります。

また、表示数、クリック数、クリック率の集計期間は1日単位になっています。

ボードへの登録

Blocksで更新したいブロックは、ボードに登録する必要があります。ブロックをクリックし、右ペイン下部の「対象ページでブロックを登録」を押下してください。

null

フィルタ、並び変え

ページ単位、ボード管理可否でフィルタができるようになっています。また、表示数・クリック数・クリック率で並び変えが行えます。

null

次のステップ

ブロックパフォーマンスの登録が完了したら、「ブロックを登録してサイトに配信する」にお進みください。