このページでは、ゴール画面でできること、注意点を説明します。

ゴール画面でできること

  • ゴールの作成
  • ゴールの編集、削除

ゴールを作成する

  • ゴール名、ゴールURLを設定することでサイトのゴールを登録できます。条件は以下から設定可能です

    • 完全一致
    • 部分一致
    • 先頭一致
    • 後方一致
    • 正規表現で一致
  • 正規表現で設定する場合、設定した正規表現が意図通りか、簡易的に確認することもできます。

    • 入力したURLが設定した正規表現を満たす場合は「match」、満たさない場合は「mismatch」が表示されます。

null

ゴール作成時のTips

  • ゴールURLを完全一致で指定する場合、URLの末尾にクエリ文字列が含まれる場合はゴールの計測が行われません。特定のURLのみを確実に計測したい場合を除き、「を含む(部分一致)」や「と先頭が一致(前方一致)」で指定することを推奨しています。
    • 例:ゴールURLの設定
      • https://sample.com/complete等しい(完全一致)
    • 計測される
      • https://sample.com/complete
    • 計測されない
      • https://sample.com/complete?hoge=fuga
      • https://sample.com/complete?hoge=fuga&test=true
  • また、設定したゴールを確実に計測できるようにするため、URLはパスだけでなく、httpまたはhttpsから含めたをゴールを入力することを推奨としています。
    • 例:ゴールURL
      • https://sample.com/complete
    • 非推奨:/complete
    • 推奨:https://sample.com/complete
  • 正規表現でURLを入力する場合には、クエリ文字列まで含めて設定してください。

ゴールを編集、削除する

サイト右側の「...」ボタンより、ゴールの編集、削除が可能です。

null

ゴールが計測されない場合のトラブルシューティング

  • ゴールに設定しているURLにBlocksタグが埋め込まれているか?
  • ゴールで設定しているURLとページ登録しているURLのドメインが同じかどうか?
    • 両者のドメインが異なる場合、ゴールの計測は行われません。(サブドメインの場合は計測されます。)
  • URLの条件が合っているか?
    • サイトや広告等の設定内容によっては、想定していないクエリ文字列(パラメータ)が付与される場合があります。また、クエリ文字列は基本的に順番が保証されないので「に等しい(完全一致)」や「と先頭が一致(前方一致)」で設定してしまうと条件に合致しないことがあります。上記の通り、クエリ文字列の値を条件に設定する場合は、可能な限り「を含む(部分一致)」で設定してください

#karte_blocks