Blockタグbuilder.js)の設置については、Googleタグマネージャーなどのタグマネージャー経由で設置することは非推奨となっています。

サイト上の<head>内に直接埋め込む形で設置してください。

タグマネージャー経由でBlocksタグを設置するリスク

タグマネージャー経由でBlocksタグを設置する場合、タグの実行が非同期になります。そのため、Blocksによるページコンテンツの更新時に画面のチラつき(フラッシュ)が発生しサイトに訪問したユーザーの体験を損なう可能性があります。同期処理と非同期処理の違いについての詳細は、下記の記事をご覧ください。

置き換えブロックによるページコンテンツの更新が実行されるタイミング | KARTEサポートサイト

また、タグマネージャー経由でのBlocksタグの設置は十分に検証されておらず、その他の想定されていない問題が発生する可能性もあります。

上記の理由から、可能な限りサイトに直接タグを設置するようお願いします。