MakeShop環境へ以下のタグを設置する手順です。
KARTEに送信データ内容(item_id、statusなど)を追加したい場合は、希望するデータをKARTEへ送信することが可能かをGMOメイクショップ社へお問い合わせください。

  • 購入イベントを計測するためのコンバージョンタグ(buy)
  • ユーザーがカートに商品を入れたことを計測するためのin_cartタグ
  • ユーザー属性を取得するためのユーザータグ(identify)

注文画面案内文の編集

メイクショップ管理画面で、ショップ作成→決済・注文関連の設定→注文画面案内文の設定を選択します。

null

注文画面案内文の設定で、オーダーフォームに表示する文章の最上部に、計測タグを編集した計測タグ+カスタムイベントタグ(buyタグ・in_cartタグ・userタグなど)を記入します。

  • 注意点①API_KE

  • KARTE管理画面より取得できるAPIキーを入力して下さい。管理画面左下のアイコンをクリック>>>「プロジェクト設定」をクリック>>>「基本設定」ページ内にて確認できます。

  • 注意点②ショップのドメイン

  • 共通ドメインを使っている場合は、ショップのドメインを記入してください。

    • cookieの払出先ドメインとして利用されます
    • 例:ショップのURLが"http://karte.my-store.jp" の場合、ショップのドメインは"karte.my-store.jp"
  • 独自ドメインを使っている場合は、site_idの指定自体が不要です

<script type="text/javascript">(function(){var t,e,r,n,c;for(t=function(){var t;return t=t||[],function(){var e,r,n,c;for(r=["init","start","stop","user","track","action","event","goal","chat","buy","page","view","admin","group","alias","ready","link","form","click","submit","cmd","emit","on","send","css","js","style","option","get","set"],e=function(e){return function(){return t.push([e].concat(Array.prototype.slice.call(arguments,0)))}},n=0,c=[];n<r.length;)t[r[n]]=e(r[n]),c.push(n++);return c}(),t.init=function(e,r){var n,c;return t.api_key=e,t.options=r||{},c=document.createElement("script"),c.type="text/javascript",c.async=!0,c.charset="utf-8",c.src="https://static.karte.io/libs/tracker.js",n=document.getElementsByTagName("script")[0],n.parentNode.insertBefore(c,n)},t},c=window.karte_tracker_names||["tracker"],r=0,n=c.length;n>r;r++)e=c[r],window[e]=t();
tracker.init("API_KEY",{
    ktid_check: true,
    site_id: "ショップのドメイン",
    subdomain: false
})}).call(this);</script>
<script type="text/javascript">
tracker.track("in_cart",{
    status: true
});
</script>

null

任意アフィリエイトの設定:タグの入力

メイクショップ管理画面で、プロモーション→タグの設定→任意アフィリエイト設定を選択します。

null

任意アフィリエイト設定で「PC用コンバージョンタグ設定」の欄で、出力設定の内容を以下のように変更します。

①出力設定:「出力する」 にチェックを入れる
②アフィリエイト名:「KARTEコンバージョンタグ」等、任意の名称を入力する
③出力画面:「注文完了画面」を選択する
④出力箇所:「< head >内」にチェックを入れる

null

任意アフィリエイトの設定:出力設定

次に、開始部繰り返し部区切り文字終了部にそれぞれ対応するタグを設置します。
開始部、繰り返し部、区切り文字、終了部の内容全てを1セットとして設定を行ってください。一部分のみ設定をしても機動しません。なお、画面上の設定イメージは当サポートページの最下部にございます。

①開始部**編集の上、**記載してください。

  • 注意点①API_KEY

  • KARTE管理画面より取得できるAPIキーを入力して下さい。
    管理画面左下のアイコンをクリック>>>「プロジェクト設定」をクリック>>>「基本情報」ページ内にて確認できます。

  • 注意点②ショップのドメイン

  • 共通ドメインを使っている場合は、ショップのドメインを記入してください。

    • cookieの払出先ドメインとして利用されます
    • 例:ショップのURLが"http://karte.my-store.jp" の場合、ショップのドメインは"karte.my-store.jp"
  • 独自ドメインを使っている場合は、site_idの指定自体が不要です

<script type="text/javascript">(function(){var t,e,r,n,c;for(t=function(){var t;return t=t||[],function(){var e,r,n,c;for(r=["init","start","stop","user","track","action","event","goal","chat","buy","page","view","admin","group","alias","ready","link","form","click","submit","cmd","emit","on","send","css","js","style","option","get","set"],e=function(e){return function(){return t.push([e].concat(Array.prototype.slice.call(arguments,0)))}},n=0,c=[];n<r.length;)t[r[n]]=e(r[n]),c.push(n++);return c}(),t.init=function(e,r){var n,c;return t.api_key=e,t.options=r||{},c=document.createElement("script"),c.type="text/javascript",c.async=!0,c.charset="utf-8",c.src="https://static.karte.io/libs/tracker.js",n=document.getElementsByTagName("script")[0],n.parentNode.insertBefore(c,n)},t},c=window.karte_tracker_names||["tracker"],r=0,n=c.length;n>r;r++)e=c[r],window[e]=t();
tracker.init("API_KEY",{
    ktid_check: true,
    site_id: "ショップのドメイン",
    subdomain: false
})}).call(this);
</script>
<script type="text/javascript">
    var user_id = '[USER_ID]';
    if (user_id !== ""){
    tracker.user({
        user_id: '[USER_ID]',
        name: '[USER_ID]'
    });
    }
</script>
<script type="text/javascript">

tracker.buy({
    transaction_id: '[ORDER_NUM]',
    revenue: [TOTAL_AMOUNT]+0,
    items: [

    /////②繰り返し部/////
    {item_id: '[ITEM_CD_SYS]', name: decodeURI('[ITEM_NAME_UTF8_20]'), price: [ITEM_PRICE], quantity: [ITEM_COUNT]}

    /////③区切り文字/////
    ,

    /////④終了部/////
    ]
});
</script>
<script type="text/javascript">
tracker.track("in_cart",{
    status: false
});
</script>

null

入力後、保存をクリックします。