Facebook広告での事前設定

Facebook広告ではKARTE Datahubの接続先設定を行うための必要項目の取得・設定を行います。
主に以下2点を実施します。

  • ①ユーザーの追加と追加したユーザーへの権限付与
  • ②KARTE Datahubの接続先設定に必要な項目の取得

Conversions API経由で連携する際のFacebook側の事前設定

①ユーザーの追加と追加したユーザーへの権限付与

  • Facebookのビジネスホーム > すべてのツール > ビジネス設定を選択してください。
    null
  • 左のグローバルナビゲーションからユーザー > システムユーザーで「Conversions API System User」という名称のユーザーを追加してください。
  • 同画面で追加したユーザーを選択しアセットを追加 > ピクセル > 広告連携したピクセルを選択し、全権限を選択して変更を保存してください。

②KARTE Datahubの接続先設定に必要な項目の取得

Conversions APIを使用するには、ピクセルIDとアクセストークンが必要です。
(下部のジョブフローでの送信設定時に使用いたしますので、取得後保存しておいてください。)

  • Facebookのイベントマネージャーから該当ピクセルを選択します。

    • 「設定」タブを選択します。
    • 記載がされているピクセルIDをコピーしてください。
      null
  • 同じく「設定」タブ内にあるコンバージョンAPI欄の「アクセストークンを生成」をクリックします。

    • 「アクセストークンを生成」が表示されない場合、Facebookのビジネスの開発者権限を持つユーザーかご確認ください。
    • クリック後に表示されるトークンの内容をコピーしておいてください。(KARTE Datahubの接続先設定で利用します)

null

Marketing API経由で連携する際のFacebook側の事前設定

  • KARTE DatahubとFacebookの接続に必要なオーディエンスIDとアクセストークンをFacebookのビジネスマネージャーから取得します。

①オーディエンスIDの取得

  • Facebookビジネスマネージャーのオーディエンスからカスタムオーディエンスを作成しIDをコピーしておきます。
    • カスタムオーディエンスIDが表示されていない場合、右上の「列」ボタンをクリックしオーディエンスIDにチェックを入れてください。
      null

②アクセストークンの取得

※既にビジネスマネージャと広告アカウントが存在していることを前提としています。まだアカウントが存在しない、新規で作成したい場合はこちらからアカウントを作成してください。

アプリの追加

  • Meta for Developlersへの登録が必要です。登録されていない方はこちらから登録を行ってください。
  • こちらから該当のビジネスを選択してください
  • 追加 > 新しいアプリIDを作成をクリック
    null
  • アプリタイプで「ビジネス」を選択
  • その他メールアドレス、アプリの目的等(「自分自身または自分のビジネス等」)を入力
  • アプリダッシュボードにリダイレクトされればアプリの作成は完了です。

システムユーザーの追加

  • こちらから該当のビジネスを選択
  • 追加 > システムユーザー名に任意の名前を入力、システムユーザーの役割は「管理者」を選択
  • 作成したシステムユーザーをクリックし、「アセットを追加」をクリック
  • 広告アカウント > アセットを選択でカスタムオーディエンスを作成した広告アカウントを選択 > 広告アカウントでキャンペーンを管理をONにして「変更を保存」をクリック
    null
  • 作成したシステムユーザーをクリックし、「新しいトークンを生成」をクリック
  • 作成したアプリを選択し、利用可能なアクセス許可は特にチェックをつけず「トークンを生成」をクリック
  • 表示されたアクセストークンをコピーしておきます。

※Facebookのイメージは、作成時点のものであり、仕様が実際と異なる場合があります。