レポートでできること

Webサイトのページ別のレポートです。
全体から「どこでどのような課題が生じているか?ボトルネックはどこか?」を把握し、改善すべき箇所/ポイントを把握することができます。

レポートの見方

null

1. レポート全体
主な指標は以下。

  • 優先度:ペイン数、問い合わせ数、セッション数から割り出し。優先度が高いページは改善予知が大きい可能性が高い
  • 経由問い合わせ率:そのページを閲覧した後に、問い合わせに至った割合
  • よくあるアンサー/リーズン:そのページを閲覧した後によく閲覧されているアンサー及びそのアンサーが所属しているカテゴリ
  • サポートウィジェット:そのページに設定されているサポートウィジェット

2. 期間指定
データの集計期間を変更できます。

3. イベントデータ集計
通常、レポートのデータは1日1回自走更新(AM9:00更新)となっていますが、
「イベント再集計」を押すと、データ集計がなされ、ダッシュボード/レポートの最新の値になります。

4. 絞り込み・集計設定
レポートで集計するデータを、色々な軸で絞り込むことができます。

4-a:ページで絞り込み
レポートに表示するページを、URL/ページタイプベースで絞り込むことができます。

※URLで絞り込む場合の設定サンプル
null

※ページタイプで絞り込む場合の設定サンプル
null

なお、ページタイプの設定方法は以下ドキュメントを参照ください。
ページ対応設定

また、「設定中のサポートウィジェット」で、サポートウィジェットを設定しているページだけを絞り込んで表示することも可能です。

4-b:集計設定
各データの集計ロジックを設定することができます。

  • 問合せイベント発生元
    レポートに出力する「問い合わせ数」の定義を変更できます。
    (サポートウィジェット経由の問い合わせを含むか含まないか、を選択できる)

  • アンサー閲覧イベント発生元
    レポートに出力する「よくあるアンサー/リーズン」の定義を変更できます。
    (サポートウィジェット経由のアンサー閲覧を含むか含まないか、を選択できる)

  • 問合せしたセッションでのアンサー閲覧イベントのみ集計
    こちらをチェックすると、「よくあるアンサー/リーズン」は「問い合わせしたユーザー」の閲覧のみに絞られます。