できること

  • KARTE Signalsでは、KARTE DatahubのデータをYahoo!ディスプレイ広告に連携することができます。ここではその連携方法について説明します。

事前準備

下記の事前準備を完了していることをご確認ください
1.  KARTE計測タグの設置
2.  個人情報を広告媒体に送信する際の事前設定
3.  コンバージョンの重複除外処理(推奨)
4.  KARTEタグでyjr_yjadとycl_yjadを取得する (KARTEタグV1をご利用の場合)
5.  Yahoo!広告側でのコンバージョン測定設定(CAPI編)

送信データの作成

  • KARTEの管理画面にログインします
  • クエリをクリックします
    null
  • 作成 > コレクションから作成をクリック
  • 検索窓からYahoo!広告 Conversion API連携を入力
  • このクエリを利用をクリック
    null
  • パラメーター設定から各項目を選択肢、条件設定をします
  • 個人情報の取得元は、こちらを参考にイベントもしくはその他を選択
パラメーター名 説明
◯時間前までのデータを利用する 媒体に送信するデータを作成するための期間を抽出します。
現在から[入力された時間]前までの期間が抽出されます。1時間から24時間以内のデータを日次送信を推奨
対象イベント 送信対象とするイベント名です。複数選択することができます。
対象イベントフィルター 対象イベントを複数選択した場合、
複数の対象イベントをすべて送るか(①)
対象イベントすべての中で一番最初に発生したイベントを送るか(②)
複数の対象イベントそれぞれで一番最初に発生したイベントを送るか(③)
が選択できます。
個人情報の取得元 電話番号とメールアドレスをどこから取得するか選択します。(ユーザーデータ管理をご利用の場合はその他を選択してください。)
「イベント」はidentifyイベントから取得。
「その他」はdatahubのデータセット名personal_data, テーブル名personal_dataからデータを取得します。
カラム名は「email」、「phone」という名前である必要があります。
個人情報が存在しない場合 個人情報が存在しない場合に、yjr_yjadデータを連携対象とするかを選択します。
コンバージョンの値 コンバージョン値の取得元を選択します。
1コンバージョンの価値 1コンバージョンあたりの価値。任意の値を入力できます。(デフォルトはbuyイベントのrevenueです)
広告接触から対象イベントまでの期間 アトリビューションウィンドウです。
広告接触から[入力された日数]以内であれば対象イベントを送信します。
yahoo_ydn_conv_io お客様のアカウント専用の値。広告管理ツールで取得した「Conversion API リクエストパラメータ」の yahoo_ydn_conv_ioの値をそのまま入力してください。
yahoo_ydn_conv_label コンバージョンタグにおいてタグを識別するための項目。広告管理ツールで取得した「Conversion API リクエストパラメータ」のyahoo_ydn_conv_label の値をそのまま入力してください。

クエリコレクションで連携可能な識別子

  • パラメータ設定の条件をもとに、下記項目が抽出されます
項目 必須 詳細
email メールアドレス
phone_number 電話番号
yclid 広告をクリックしたユーザーを識別するパラメータ。
_ycl_yjad Cookie の値を入力してください。
yjr_yjad 広告をクリックしたユーザーを識別するパラメータ。
_yjr_yjad Cookie の値を入力してください。
event_time コンバージョンの発生日時。
リクエスト日時より90日前〜現在時刻の間の10桁UNIX時間で入力してください。
yahoo_ydn_conv_io お客様のアカウント専用の値。
広告管理ツールで取得した「Conversion API リクエストパラメータ」の yahoo_ydn_conv_io の値をそのまま入力してください。
yahoo_ydn_conv_label コンバージョンタグにおいてタグを識別するための項目。
広告管理ツールで取得した「Conversion API リクエストパラメータ」の yahoo_ydn_conv_label の値をそのまま入力してください。
yahoo_ydn_conv_transaction_id コンバージョンの重複判定をするためのユニークなID。
タグ計測において同じIDが入力されたコンバージョンが存在する場合、タグ計測側が優先されます。64byteを超えない範囲で、かつ前後にスペースが入らないように入力してください。
yahoo_ydn_conv_value 1コンバージョンあたりの価値。広告管理ツールで取得した「Conversion API リクエストパラメータ」の yahoo_ydn_conv_value の値、もしくは任意の値を入力してください。
transaction_id PLAID独自のフィールドで、バリデーションエラーがあった場合に行を特定するためのIDとして使用します。
UUIDを想定していますが、一意の文字列であればなんでも構いません。

※の項目は、最低一つは必須です。

データ送信設定

  • KARTE Datahubのメニューからジョブフロー > 作成をクリック
  • ジョブの追加ボタンをクリック
    • クエリ実行結果のエクスポートを選択
    • クエリの選択では作成したクエリを選択
    • 外部サービスを選択し、接続先の作成・管理をクリック
    • 作成からYahoo ads conversion apiを選択(表示されない場合は営業担当に問い合わせください)
個別設定は既にハッシュ化している場合のみに、チェックをつけてください。
  • ジョブ名を任意の名称で設定し、完了をクリック
  • スケジュール実行を有効にして、実行頻度を設定
  • ジョブフロー名を任意の名称で設定

データ送信

  • 設定したスケジュールもしくは、今すぐ実行からデータを送信します
  • 実行結果は、成功であれば実行済みと表示されます
  • 送信がエラーの際には、こちらをご参考ください。
  • 更新履歴も左下から確認可能です
    null

送信確認

  • ジョブの実行完了後、Yahoo!ディスプレイ広告のコンバージョン計測画面より確認が可能です。
  • 設定したコンバージョン計測にて対象のコンバージョンが計測されているかをご確認ください
    ※『コンバージョン列に含める』の設定によっては「コンバージョン数(全て)」の方に計測がされます。その場合、表示項目の設定より修正してください。
    null

以上で、Yahoo!ディスプレイ広告コンバージョンAPI連携は完了です。