KARTE Blocksは、指定のJavaScriptタグをサイトに設置することで、ブロックの編集・数値計測が可能になります。
ただし、タグを設置する前でも、トップページなど任意のページでブロックの編集、公開まで体験いただくことが可能です。

KARTE Blocksの操作性・利用の流れをお掴みいただけますので、ぜひこちらのチュートリアルで確認してください。

・本チュートリアルでブロックの公開まで行いますが、タグ設置を行わない限りサイトには反映されませんのでご安心ください。
・管理画面は、Google Chrome(PC版)の最新版環境でのご利用をお願いします。

拡張機能をインストール

KARTE Blocksの拡張機能(GoogleChrome/無料)を以下ストアからインストールお願いします。
Chromeウェブストア

※詳細:Chrome拡張機能をインストールする

ページを登録する

ブロックを登録・管理する対象のページを登録します。
まずは導入予定のサイトのトップページのURLなどで登録してみてください。

null

※詳細:ページを登録する

配信条件を作成する

配信条件では、「いつ・誰に」編集内容を公開するのかを設定します。ブロックを公開するためには配信条件の設定が必ず必要になりますので、ご認識ください。

null

作成した配信条件をクリックして、ページエディタを起動します。

null

ページエディタからブロックを編集、公開する

ページエディタでは、登録したページがプレビュー表示されています。

画面中央のプレビューで、マウスカーソルを当てるとブロック化できる要素が緑枠線で表示されます。
お好きなブロックを選択し、ブロックの編集をお試しください。
テキストや画像、リンクの変更はもちろん、文字色やサイズなども変更できます。

null

完了したら、画面右上の「保存して配信」ボタンを押してください。

null

エディター画面の詳細は下記もご確認ください。

※詳細:ページエディタ

ブロックリストで保存したブロックを確認する

「ブロック」タブをクリックし、ブロックリスト画面を開きます。
ここでは、サイトにある元々のブロック(①)、編集・保存したブロック(②)がリスト形式で確認できます。

null

実際に登録したページにタグを設置すると、保存したブロックがサイトに公開され、ブロック別の効果が自動で集計・表示されます。

※詳細: ブロックリスト

以上でチュートリアルは完了です。
タグを設置の上、ご利用を開始してください。

なお、チュートリアルで登録したページや設定内容をサイトに公開したくない場合、タグ設置前に削除してください。
一括で削除したい場合は、ページごと削除してください。

#karte_blocks