KARTE SignalsではKARTE DatahubのデータをGoogle広告に連携することで、以下のことが可能になります。

  • コンバージョンデータを連携することによる入札単価の最適化
  • ユーザーデータを連携することによるリターゲティング

連携の全体像

null

KARTE DatahubのデータとGoogle広告の連携はGoogle AnalyticsのMeasurement Protocolを利用します。
連携のためには以下の準備が必要となりますのであらかじめご確認ください

  • KARTEでGoogle AnalyticsのClient_idを取得している
  • Google Analytics 4のプロパティが存在している
    • 既にGoogle Analytics導入済の場合、設定方法はこちら

※本ドキュメントでは連携の全体像のうち②のKARTE Datahub -> Google Analytics間の連携について紹介します。③のGoogle Analytics -> Google広告間の連携はGoogleのドキュメントをご確認ください。

ジョブフローの設定

接続先(Measurement Protocol)の設定

KARTE Datahubのグローバルナビゲーションからジョブフロー > 作成 > ジョブの追加 > データテーブルからエクスポート > 外部サービス > 接続先の作成・管理 > 作成 > Google Analytics

null

  • Measurement ID
    • Google Analytics管理画面のグローバルナビゲーション > 管理 > 対象プロパティのデータストリーム > 対象のデータストリームを選択(ない場合新規作成) > 測定 IDをコピーして貼り付け

null

null

  • APIシークレット

    • 対象のデータストリームを選択までMeasurement IDと同様 > Measurement Protocol API Secretを選択 > シークレットの値をコピーして貼り付け(ない場合新規作成)
      null
  • 同時並列リクエスト数

    • 100と設定

クエリの作成

  • Google Analyticsに送るためのデータを作成します。
    クエリ > 作成 > コレクションから作成 > Google広告連携(GA4)を選択し「このクエリを利用」をクリック
    ※コンバージョンページにのみ計測タグを設置している場合には、「Google広告連携(GA4)(CVページのみタグ設置用)」のクエリテンプレートをご利用ください。
    null
  • クエリの「パラメーター設定」を定義変更し、Google Analyticsに送るためのデータを作成してください。
パラメーター名 説明
◯日前までのデータを利用する 使用するデータの期間
googleのutm_source名 google広告に付与しているutm_sourceパラメーター名
複数広告接触の場合除外したいutm_source名(ない場合none) 除外対象にしたいutm_source名 ※1
コンバージョン◯日前までのリファラーを利用する 広告接触から何日以内のコンバージョンを対象として含めるか
対象イベント 送信したいイベント名
対象イベントフィルタ 送信したいイベントを複数選択している場合に使用。複数のイベントのうちユーザー単位で最初のイベントに絞る、ユーザー単位で各イベントごとの最初のイベントに絞る、何も絞らないが選択可能

※1 yahoo, facebookと設定した場合コンバージョンまでにfacebook広告->google広告->yahoo広告と複数媒体の広告と接触していた際にgoogle広告が最終接触ではないのでコンバージョン対象から除外されます

データのフォーマットは以下に従って作成します。
データ型はstring, numberをご利用いただけます。詳しい制限事項はこちらをご覧ください

列名 説明 必須または任意
client_id KARTEの接客で取得したGoogle AnalyticsのClient_id 必須
event_name 連携したいイベント名 必須
value 任意

ジョブの設定

以下のようにジョブを作成する

  • ジョブタイプ
    • データテーブルからエクスポート
  • エクスポート元
    • クエリの実行結果(エクスポート用のクエリを選択)
  • エクスポート先
    • 外部サービス(作成した接続先を設定)

データ連携の確認

データが連携されているかはGoogle Analytics 画面のレポート > リアルタイムのイベント数に該当するイベントが存在するかで確認することが可能です。

※リアルタイムに反映されてからオーディエンスを作成できるようになるまでは数時間から1日程度かかります。
※オーディエンスを作成してからイベントを送って初めてads側へのデータ連携が実施されます。まずはテストイベントを送信しオーディエンスを作成してから本来送りたいデータを送信してください。

null