Google Analytics(以下GA)連携は、GAの「Measurement Protocol」を用いて、
KARTEのイベントの情報を「カスタムイベント」及び「カスタムディメンション」へ連携することを指します。

GAMeasurement Protocolガイド:https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/protocol/v1/?hl=ja

ここでは、GA連携の手順を説明します。

「Google Analytics連携プラグイン」をインストール

現在当プラグインのインストールは、サポートチームのみが実施可能となっております。
ご利用を希望される場合は、サポートにお問い合わせください。

プラグインがインストールされると、以下のテンプレートが利用可能になります。

  • スクリプト実行 > スクリプト > 「[GA] Client ID取得スクリプト」
  • データ連携 > Webhook > 「[GA] カスタムイベント送信(webhook)」
  • データ連携 > Webhook > 「[GA] カスタムディメンション送信(webhook)」

CookieからGAのClient Idを取得する

接客サービスを新規に作成し、テンプレートから「[GA] Client ID取得スクリプト」を選択し、接客サービスを作成して配信してください。

null

配信トリガーやセグメントは、必要に応じて設定してください。
基本的に、当スクリプトは「GAのタグが設置されているすべてのページ」を対象に配信してください。

Karte for Appをご利用中のお客様は、アプリに当スクリプトが配信されないようにご注意ください。

正しく配信されると、_google_analytics_idsイベントが発生し、clientIdフィールドに該当のユーザーのclientIdがセットされます。
null

参考:サイトを閲覧している自分自身のデータを確認する

Webhookでカスタムイベントを送信する

新たにテンプレートから「[GA] カスタムイベント送信(webhook)」または「[GA] カスタムディメンション送信(webhook)」を選択し、接客サービスを作成してください。

null

作成した接客サービスのアクションを編集し、必要なフィールドをセットしてください。

null

各フィールドの値についてはをホバーするとより詳細な説明が記載されています。

GAにKARTEのイベント情報を渡したい場合はユーザー情報変数を利用することで可能になります。

ユーザー情報変数の利用についての詳細は下記を御覧ください
https://support.karte.io/post/3TPVVSzxiA6U3MYNRj25JJ#2-0

「CookieからGAのClient Idを取得する」ステップを完了していないと、正しく動作しません。

セグメントと配信トリガーは必要に応じてセットしてください。

GoogleAnalytics連携テンプレートを利用して、「接客サービスの配信状況」をGAのカスタムディメンションに渡す方法について記述します。

GAの「カスタムディメンション」に「接客サービスの配信状況」を連携する設定方法

上記のテンプレートを利用して、カスタムディメンションにデータを連携する方法は以下のとおりです。

「GA上でどのように分析すべきか」についてはサポートの対象外になります。予めご了承ください。

0. GAで新たにカスタムディメンションを作成。

カスタムディメンションの作成方法は以下を参考にしてください。

https://liginc.co.jp/187767

null

今回は「campaign」というカスタムディメンションを作成しました。
作成が完了したら、「dimension(数字)」となっている箇所の数字をメモしておきます。

1. 「[GA] 接客サービスの配信イベントをカスタムディメンションに連携」テンプレートを選んで接客サービスの作成を開始

null

接客サービス名を「GA連携_campaign_idとshorten_idをカスタムディメンションにセット」と設定して一度保存してください。

2. アクションの設定項目を確認

トラッキングIDと、カスタムディメンションインデックスをセットします。
カスタムディメンションインデックスは、ステップ0で取得したdimention(数字)のメモした数字を入れてください。

null

本接客サービスでは作成したカスタムディメンションに対して、以下のような形で接客サービスのキャンペーンIDとアクションIDをセットします

カスタムディメンションに渡る値の例

campaign_id: 5a66f89c4db5d108a7e3dce6 が shorten_id: HvU だった場合
→ カスタムディメンションに渡る値: 5a66f89c4db5d108a7e3dce6_HvU

3. 配信トリガーを設定

以下のように設定をすることで、全ての接客サービスの配信イベントをGoogleAnalyticsに連携することができます。

全ての接客サービスについての情報を連携する例

①「接客サービスを表示 送信日時が 存在する」
AND
②「接客サービスを表示 接客サービス名が 「GA連携_campaign_idとshorten_idをカスタムディメンションにセット」 と異なる」

null

!!!②の条件は必ず指定してください!!!
「接客サービスを表示(`message_open`)」イベントは、Webhookの配信時にも実行されます。
そのため②の設定を行わないと、接客サービスが無限ループに陥り、サーバーがダウンする恐れがあります
必ず設定するようにしてください。

また上記以外の接客サービスでも、「接客サービスを表示」イベントを元にした接客が存在すると
無限ループに陥ってしまう可能性がありますのでご注意ください。

よく上記の設定を確認の上、配信開始してください。

4. GoogleAnalyticsでカスタムディメンションが渡っているか確認

確認方法については、必要に応じてGoogleで検索してください。
うまくカスタムディメンションの値が渡っていると、以下のような形で、GoogleAnalyticsの管理画面で分析が可能です

null

以上で設定は完了です。お疲れ様でした!