Treasure Dataのタグが設置されているサイトについて、Treasure Data側とのデータ連携が可能になります。

注意点

  • KARTEとTreasure Dataの両サービスとの契約が必要です
  • Treasure Dataプラグインのインストールが必要です。営業担当までお問い合わせください
  • バッチ連携に関してはKARTE Datahubの契約が必要です。

概要

以下が可能になります。

  • リアルタイム連携

  • Treasure Data連携用のスクリプト配信テンプレートを利用することで、ページ上からデータをKARTEに取得します

  • バッチ連携

  • Treasure Dataとの間で、双方向のバッチ連携が可能になります

  • ※KARTE Datahubの契約が必要になります。

リアルタイム連携

Treasure Dataプラグインをインストールすると、以下のスクリプト配信テンプレートが使えるようになります。

「Treasure Data ID取得」

  • Treasure Dataのtd_client_idtd_global_idをKARTEのイベントとして取得します

※Treasure Dataのタグで、fetchGlobalIDの呼び出しが許可されている必要があります

「Treasure Data Personalization API連携」

  • Treasure DataのPersonalization APIを使って、セグメントデータを取得します

※Treasure Dataとの契約プランやタグ設置状況によっては、利用できないことがあります