はじめに

 会員登録を促進する上で効果的にクーポンを付与する方法について説明します。今回は単純にクーポンを付与するのではなく、スコアを使って配信するタイミングを制御したり、クーポンコードをマイページに埋め込みで表示する方法について言及しています。

null

仕組み

  • ユーザーのモチベーションスコアが70を超えたときに表示されるように設定します。
  • 縮小時の接客サービス①をクリックすると拡大時の接客サービス②が表示される施策で、クーポン内容について記載されたアクションが表示されます。また縮小時が配信されたユーザーが会員登録すると、会員登録完了画面で、接客サービス③「クーポン発行の案内」が表示され、会員登録完了したユーザーがマイページに訪れると接客サービス④クーポンコードが埋め込まれて表示されるようになります。

null

事前にご準備いただくこと

  • クーポンコード
  • バナーの用意
    • 必要に応じて縮小時と拡大時、購入完了ページで表示する施策用のバナーを用意します。
    • マイページに設置するクーポンコードが記載されたバナーをPC、SPそれぞれ用意してください。
  • スコアの設定をします。Motivation Scoreの設定をご確認の上、設定をしてください。

ご利用の手順

接客サービスのインストール

ストアにあるお買い物へのモチベーションが高まったタイミングで会員登録促進クーポンを表示をインストールします。

null

縮小時の接客サービス①と拡大時の接客サービス②がインストールされます。接客サービス③と接客サービス④についてはインストールされません。

接客サービス③に関しては、テンプレート一覧ユーザーに「見せる」カードの中にある、Card03がおすすめです。

null

接客サービス④に関しては、テンプレート一覧ユーザーに「見せる」埋め込みの中にある、埋め込み - 画像(デザインあり)を変更・挿入するがおすすめです。

null

接客サービス①(縮小時)をテスト配信する

この接客サービスが表示されたユーザーのみにクーポンを発行するため、縮小時の接客サービスが表示されたユーザーをセグメント化する必要があります。まずはテスト配信をすることでイベントを発生させ、それをフィルターイベント化します。

  • テスト配信の設定
    • テスト配信するのは縮小時の接客サービス①のみです。
    • テスト配信の方法については特定ユーザーにのみテスト配信することはできますか?をご参照ください。
    • 接客サービス①をPCとSPでわけた場合は、両方の接客サービスが配信されたイベントを1つのフィルターイベントに含めて作成します。

テスト配信時の接客サービス設定

接客サービス①

  • アクション: 埋め込み先を設定。全ページ共通しているためヘッダーの上を選択しましょう。
  • 対象ユーザー: テストユーザー
  • 対象イベント: ここではテスト配信のためTOPページを選択しましょう。アクセス毎に配信。
  • オプション:同時配信を有効にする

接客サービス①が表示されたことを確認します。テスト配信をしたユーザーのユーザーストーリーページを確認し、イベントが発生したことを確認してください。

フィルターイベントの設定

接客サービスを表示 > 接客サービス名が > 接客サービス① > に等しい

※PCとSP別々に接客サービス①を作成した場合は、接客サービス①の部分にPCとSP両方を含むように設定してください。

縮小時が配信されたセグメント作成

テスト配信で発生したイベントを使ってセグメントを作成します。

すべての期間 > 該当イベント > date > 送信回数 > 存在する

接客サービスの設定

接客サービス①の設定

接客サービス①は完成したら、複製して同様の接客サービスを2つ作成します。1つ目は、スコアが指定値に達したユーザーに1度だけ配信される設定を行い、2つ目は、1つ目が配信されたユーザーに継続的に配信される設定をします。スコアは、行動によって上下するため、スコアの指定値を下回った場合でもクーポンが継続的に表示されるようにこのような設定をします。

1つ目

PC縮小時/スコア達成時に1度だけ表示します。

項目設定

  • アクションの設定
    • 作成したバナーを貼り付けます。
    • 埋め込み設定をします。ヘッダーの上を選択しましょう。
    • クリックしたら接客サービス②を開くようにするため、アクションIDの指定が必要となります。接客サービス②と同じIDを設定するだけでOK。
  • 対象ユーザー
    • そのうち客
    • 会員登録前
  • 対象イベント
    • 配信しないページを除外します。
  • 配信頻度
    -ユーザー毎に配信
  • オプション
    • オプション同時配信を有効にする

2つ目

項目設定

  • アクションの設定
    • 作成したバナーを貼り付けます。
    • 埋め込み設定をします。ヘッダーの上を選択しましょう。
    • クリックしたら接客サービス②を開くようにするため、アクションIDの指定が必要となります。接客サービス②と同じIDを設定するだけでOK。
  • 対象ユーザー
    • 1つ目が配信されたユーザー
  • 対象イベント
    • 配信しないページを除外します。
  • 配信頻度
    -アクセス毎に配信
  • オプション
    • オプション同時配信を有効にする

接客サービス②の設定

接客サービス①(縮小時)がクリックされた際に表示します。

項目設定

  • アクションの設定
    • 作成したバナーを貼り付けます。
    • 閉じたら接客サービス①を開くようにするため、アクションIDの指定が必要となります。接客サービス①と同じIDを設定するだけでOK。
  • 対象ユーザー
    • 会員登録前
  • 対象イベント
    • 配信しないページを除外します。
  • 配信頻度
    -アクセス毎に配信
  • オプション
    • オプション同時配信を有効にする

接客サービス③の設定

会員登録完了画面でクーポン発行通知を表示します。

  • アクションの設定
    • 必要に応じてテキストの変更
    • リンク先をマイページに設定してください
  • 対象ユーザー
    • 接客サービス①が配信されたユーザー
  • 対象イベント
    • 会員登録完了ページ
  • 配信頻度
    -ユーザー毎に配信
  • オプション
    • オプション同時配信を有効にする

接客サービス④の設定

マイページでクーポンを発行します

  • アクションの設定
    • 作成したバナーを貼り付けます。
    • マイページの埋め込み箇所を設定してください
  • 対象ユーザー
    • 会員登録済み
    • 接客サービス①が配信されたユーザー
  • 対象イベント
    • マイページ
  • 配信頻度
    -アクセス毎に配信
  • オプション
    • オプション同時配信を有効にする

設定は以上となります。