KARTEのAPI(v2)の設定画面について紹介します。

なお、APIのリファレンスについてはDeveloper Portalをご覧ください。

API v2 概要

API v2画面へのアクセス方法

  • グローバルナビゲーションから、「ストア > API v2」を開きます

null

アプリの作成

  • 右上の「作成」ボタンを押します
  • アプリの設定をします
    • アプリの種類
      • APIを実行するだけであれば、tokenを選択します
    • Permission設定
      • アプリで利用したいAPIの種類を選択します

null

実行ログの確認

  • 対象のアプリを選択します
  • 「ログ」タブを開きます
  • APIやhookの実行ログを確認します
    • 期間やステータスコードで絞り込むこともできます

null

トラブルシューティング

API実行がエラーになる場合、次の方法で実際のエラー内容を管理画面から確認することができます

  • 上記の方法で、実行ログの確認画面を開きます
  • ステータスコードを4XX5XXのみに絞ります
  • 次の項目を確認します
    • Status Code
    • Error Message

null

なお、各ステータスコードの内容についてはこちらのドキュメントをご覧ください。