はじめに

本記事でご説明する見解は、2020年6月にWWDCでAppleにより発表された内容を前提にしています。具体的には、User Privacy and Data Use に記載されている情報を元にしています。今後公表される情報に変更や追加があった場合に見解が変わる可能性がある点、ご理解いただきますようお願いいたします。

今回のアップデートに関して、KARTEのようなアナリティクス・マーケティングのSDKをアプリに組み込む際に考慮すべきポイントが複数あると認識しています。どのようなデータを取得しているか、取得したデータはどのように利用されるか、ユーザーパーミッションは必要かなどについて、我々の見解を記載します。

サマリーは次の通りです。

  • KARTE SDKが取得するデータについて
    • 端末/OS情報、行動情報、ユーザー情報の3種類あります。KARTEに送信されたデータは、1st party内のみで利用されます。
  • KARTE SDKを組み込んでいる場合に、ユーザーのパーミッションの取得は必要か?
    • SDKを導入する各事業者のポリシーによります。送信したデータをKARTEの管理画面上で扱うという通常の利用用途においては、取得したデータを3rd partyデータと紐づけることはないので、パーミッションの取得は必要ないと考えられます。
    • プレイド社が勝手に複数の事業者間のデータを紐づけることはありません
  • KARTEにIDFAを送信したい。その場合にはパーミッションの取得は必要か?
    • IDFAを取得する場合には必ずオプトインのパーミッションを取得する必要があるとされているため、パーミッションの取得は必要です。

詳細については、後述する各項目をそれぞれご確認ください。

KARTE SDKが取得するデータについて

まずKARTE SDKが、どのようなデータを取得して、どのように利用され、どのようなデータがユーザー計測に使われるか、公式ドキュメント の以下部分に関してです。

You will soon be required to provide information about your privacy practices in App Store Connect. If you use third-party code — such as advertising or analytics SDKs — you’ll also need to describe what data the third-party code collects, how the data may be used, and whether the data is used to track users.

KARTE SDKが取得する情報は、大きく3種類あります。KARTEに送信されたデータは、1st party内のみで利用されます。送信されたデータをプレイド社が他事業者のデータ(3rd partyデータ)と紐づけることはありません。

  • 端末/OS情報
  • 行動情報
    • 起動やプッシュ通知の開封など、デフォルトで送るイベントについては、標準で送るイベントリストに記載の通り。
    • それ以外の閲覧や購入等のイベントは、送りたいイベントを実装する形で送信する仕様。つまり、送りたくなければ送る必要はありません。
  • ユーザー情報
    • 送信するユーザー情報(user id、名前、性別など)は任意に指定することができます。ユーザー情報を全く送信せず利用することも可能です。

KARTE SDKを組み込んでいる場合に、ユーザーのパーミッションの取得は必要か?

公式ドキュメント の以下部分に関してです。

With iOS 14, iPadOS 14, and tvOS 14, you will need to receive the user’s permission through the AppTrackingTransparency framework to track them or access their device’s advertising identifier. Tracking refers to the act of linking user or device data collected from your app with user or device data collected from other companies’ apps, websites, or offline properties for targeted advertising or advertising measurement purposes. Tracking also refers to sharing user or device data with data brokers.

この点に関しては前提として、取得したデータをどのように扱うか、という点があります。その点に関してはプレイド社ではなく、KARTE SDKを導入する事業者のポリシーによります。

例えば、KARTE SDKを導入し、取得したデータをKARTEの管理画面上で扱う(分析やアプリ内メッセージ/プッシュ通知等のアクションで利用)という通常の利用用途においては、取得したデータを3rd partyデータと紐づけることはない(プレイド社が勝手に複数の事業者間のデータを紐づけることはありません)ので、パーミッションの取得は必要ないと考えられます。

しかし、KARTEに送信したデータを何かしらのキー(例えば独自に作成したID等)で他の3rd partyデータと紐付けるような利用を事業者側でされる場合には、オプトインのパーミッションの取得が必要になると考えられます。

上記の通り、この点に関してはSDKを導入する事業者のみなさまの判断でご対応をお願いいたします。

KARTEにIDFAを送信したい。その場合にはパーミッションの取得は必要か?

公式ドキュメント の以下部分に関してです。

With iOS 14, iPadOS 14, and tvOS 14, you will need to receive the user’s permission through the AppTrackingTransparency framework to track them or access their device’s advertising identifier.

To request permission to track the user and access the device’s advertising identifier, use the AppTrackingTransparency framework.

今回のアップデートによると、IDFAを取得する場合には必ずオプトインのパーミッションを取得する必要がある、とされているため、パーミッションの取得は必要です。

KARTEでは、以下サポートサイトにあるとおり、IDFAを送ることは可能です(デフォルトでは送信しない仕様、つまりOFFになっています)。
広告ID(IDFA/AAID)の送信について