ここではTalk Packご契約開始から実際にチャットの設定を行い、一人ひとりに合わせた体験を提供するまでの流れをご説明します。

アカウント作成・招待

KARTEの利用申し込みをすると申し込み時に入力したメールアドレスに招待メールが届きます。
メール内の「アカウントを有効化する」リンクから、KARTEのアカウントを作成してください。

他のメンバーも招待したい場合には、以下をご参照ください。

計測タグの設置

KARTEは計測タグを設置することで利用開始ができます。計測タグはコピー&ペーストで設置可能です。
ECサイトでASPサービスやカートシステムを利用している場合は、各カートに沿った設置方法をご用意しております。

設定

管理者設定

まずはじめに「トーク設定/管理者設定/セットアップ」から、チャットの基本設定を行いましょう。
設定は、管理者権限を持っているユーザーのみが可能です。

基本設定

チャットを担当するオペレーター全員が個々に設定する必要があります。

FAQ+チャットアイコンの設定と配信

続いてチャットアイコンの設定を行い、配信を行いましょう。配信を行うことで、エンドユーザーにチャットのアイコンが表示されるようになります。

Botの設定と配信(ご希望の場合のみ)

FAQ+チャットアイコンではなく、Botのご活用をご希望の場合は、以下をご参照いただき、手順に沿って設定を行ってください。

自動応答メッセージの設定(※任意)

エンドユーザーからメッセージ受診後、指定の条件に合致した時に、自動応答メッセージを送ることが可能です。
一定時間経ってもオペレーターが返信できなかった場合や受付時間外にメッセージを受信した際など、すぐにメッセージを返せない時にご活用ください。

チャット終了後アンケートの設定(※任意)

チャット終了後に、ユーザーに対して満足度を聞くアンケートを配信することが可能です。
アンケートの回答結果はレポートで確認することが可能です。是非アンケートを配信し、サービス改善にご活用ください。
設定方法は以下をご参照ください。

エンドユーザーとのやりとり方法

エンドユーザーとの会話オペレーションを行うが画面が「トーク画面」です。
オペレーターはトーク画面からエンドユーザーと以下のやりとりを行うことができます。

  • ユーザーと1:1の会話を行う(新規メッセージスレッドの立ち上げ、既存のメッセージスレッドへ返信)
  • 既存のメッセージスレッドの確認、検索
  • 会話をしているユーザーの詳細情報をみる

詳細は以下をご参照ください。