効果画面では、配信したブロックの効果を「配信条件別」「ブロック別」に確認することができます。
このページでは、それぞれの画面の見方、指標の定義について紹介します。

配信条件別効果

設定した配信条件ごとに変更ブロック数、ゴール率、up率などを確認することができます。また、配信条件の詳細ページでは、ゴール率の時系列推移や配信条件ごとのUU数、ゴール数、ゴール率、up率を確認することができます。

画面の説明(一覧)

null

  • 配信条件
    • 配信条件画面で設定されている配信条件
  • ステータス
    • 配信条件画面で設定されているステータスが、配信条件ごとに表示
  • パターン
    • 配信条件画面で設定されているパターンが、配信条件ごとに表示
  • 配信率
    • 配信条件画面で設定されている配信率が、配信条件ごとに表示
  • ブロック設定数
    • 配信条件後ごとに設定されているブロックの数が表示されます。例えば、1つの配信条件が3つのブロックに設定されている場合、ブロック設定数は3になります。
  • UU数
    • セッション(1日)内で、配信条件が設定されているブロックが表示されたUU数
  • ゴール率
    • セッション (1日) 内で、ゴールに到達したUU数 / 配信条件が設定されているブロックが表示されたUU数
  • up率
    • 配信条件に未実施を設定している場合、未実施と比較した際のリフトアップ率が表示されます。なお、リフトアップ率がマイナスの場合は、未実施に比べて指定のゴールに対して低いパフォーマンスが出ていることを意味します。
  • 条件作成日時
    • 配信条件を作成した日時が表示されます。
  • ゴール
    • Blocksで作成、設定したゴール、またはKARTEで作成、設定したゴールが表示され(KARTEを利用している場合のみ)、プルダウンで任意のゴールを設定することができます。ゴールを変更すると、ゴール数、ゴール率、up率などの各種数値も変化します。
  • 集計期間
    • 当日含む直近30日間になります。
1日以内に同じユーザーがサイトにアクセスし、配信条件に合致するブロックが表示された、ゴールに到達した場合でも管理画面上のUU数、ゴール数は1のままになります。 翌日、同ユーザーが再度サイトに来訪し、ブロックが表示された、ゴールに到達したときにUU数、ゴール数が加算されます。

画面の説明(詳細)

  • ゴール率の推移:ゴール率の時系列推移をパターンごとに確認することができます。右上のゴールのプルダウンより、ゴールを任意に変更することも可能です。

null

null

  • 期間集計
    • 一覧で表示されている各種数値を詳細画面でも確認することが可能です。

null

こちらもゴールを任意に変更することができますので、最終ゴール前の中間ゴールでの効果がどうなったかなど、細かい数値を確認することができます。

ブロック別効果

ボード画面で設定したブロックごとの表示UU数、ゴール数、ゴール率、クリック数、クリック率を確認することができます。

画面の説明(一覧)

null

  • ブロック
    • ボード画面で設定しているブロックのキャプチャが一覧で表示されます。
  • エリア
    • ボード画面で登録したブロックエリアが一覧で表示されます。
  • 配信条件・パターン
    • ブロックに設定されている配信条件パターンが一覧で表示されます。
  • 表示したUU数
    • セッション (1日) 内で、ブロックが表示されたUU数
  • ゴール数
    • セッション (1日) 内で、ゴールに到達したUU数 / 配信条件が設定されているブロックが表示されたUU数
  • ゴール率
    • セッション (1日) 内で、ゴールに到達したUU数 / 配信条件が設定されているブロックが表示されたUU数
  • クリック数
    • セッション (1日) 内で、ブロックがクリックされたUU数
  • クリック率
    • セッション (1日) 内で、ブロックがクリックされたUU数 / ブロックが表示されたUU数
  • 最終編集日時
    • ブロックの最終編集日時が表示されます。
  • ゴール
    • Blocksで作成、設定したゴール、KARTEで作成、設定したゴールが表示され、プルダウンで任意のゴールを設定することができます。ゴールを変更すると、ゴール数、ゴール率などの各種数値も変化します。
  • 集計期間
    • 当日含む直近30日間になります。
  • フィルター
    • ブロックエリアでフィルターすることができます。
1日以内に同じユーザーがサイトにアクセスし、配信条件に合致するブロックが表示された、ゴールに到達した場合でも管理画面上のUU数、ゴール数は1のままになります。 翌日、同ユーザーが再度サイトに来訪し、ブロックが表示された、ゴールに到達したときにUU数、ゴール数が加算されます。

画面の説明(詳細)

  • 基本:設定しているブロック、エリア、配信条件・パターンが表示されます。

null

  • 効果
    • 一覧画面で表示されているUU数、クリック率、ゴール率を時系列推移でも確認することができます。日付にフォーカスすると、日付ごとのUU数、クリック率、ゴール率が表示されます。また、ゴールを変更するとゴール率はゴール内容に応じて変化します。

null

各指標の集計・計測タイミングについて

  • 配信条件別効果、ブロック別効果ともに、イベントがある一定溜まった時点で集計のバッチ処理が走るという仕様のため、管理画面に集計結果が表示されるタイミングは一定ではありません。
  • また、各指標の計測タイミングはそれぞれ下記になります。

ブロックの表示

ブロックが実際に画面上に表示されたタイミングで計測されるので、実際のユーザー行動に近い形で効果測定が可能です。

  • 計測されるケース
    • ページ内のフッター要素をブロックとして登録し、登録したブロックまで到達した。(ブラウザの画面上に表示された)
  • 計測されないケース
    • ページ内のフッター要素をブロックとして登録しているが、登録したブロックまで到達していない。(ブラウザの画面上に表示されていない)

ブロックのクリック

  • ブロックの <a> タグをクリックしたタイミングでカウントされます。ブロックにaタグが含まれていない場合、ブロックのクリック数はカウントされません。
  • 一つのブロックの中、複数の <a>がある場合、いずれかのブロックをクリックしたユーザー数をカウントします。例えば、同一ユーザーが1日以内に同一ブロック内の2つのリンクをそれぞれクリックしても、クリックUU数は1です。

ゴール

対象のブロックが表示された後、設定しているゴールに到達したタイミングになります。