ページ一覧画面では、ブロックとして管理したいページの追加、編集、削除や、登録しているページの配信ステータスの確認などが行なえます。

画面の説明

null

  • ページ
    • ページ登録時に設定したページ名とURL条件が表示されます。
  • 配信ステータス
    • ページの配信ステータスが表示されます。
    • 配信済み:ボード画面で設定されている内容がサイトに配信されています。
    • 未配信の変更あり:ボード画面で設定されている内容の一部がサイトに反映されていません。ボード画面より「変更内容をサイトに配信」ボタンをクリックすることで、設定内容を本番に反映することができます。
  • 配信条件数(公開数)
    • ページ内で設定している配信条件数、そのうち公開されているブロック数が表示されます。
  • エリア数
    • ページ内で設定しているブロックエリア数が表示されます。
  • 優先度
    • ページのURL条件の優先度が表示されています。ページのURL条件で設定している条件が被っている場合、優先度の高いページの設定が優先されます。
  • 最終配信
    • 最終配信した日時が表示されます。
  • 最終更新者
    • ページ設定を最終更新したユーザーが表示されます。

ページを登録する

こちらからご確認ください。

URL設定時の注意点

  • 単一ページではなく、複数のURLをまとめて書き換え対象として設定したい場合は、部分一致を用いるか正規表現で直接指定してください。
  • クエリ文字列(パラメータ)を含んだURLを書き換え対象としたい(例:特定の広告流入の場合のみ書き換えを実施したい)場合は、クエリ文字列に対象のクエリ文字列を入力してください。
  • アンカーリンク(#test)はURLに設定することができません。例えば、以下のようなURLを条件に指定した場合は、書き換え対象アンカーリンクが無視され、https://sample.comが書き換え対象ページになります。
    • https://sample.com#test

クエリ文字列設定時の注意点

  • BlocksではURLに含まれるクエリ文字列を&で区切られた複数のクエリパラメータとしてそれぞれ分解して条件に一致させます。
    例えばクエリ文字列にKARTE=trueを入力した場合、一致不一致は以下のようになります。

一致

  • https://admin.karte.io/project/plaid/?KARTE=true
  • https://admin.karte.io/project/plaid/?KARTE=true&Plaid=1234

不一致

  • https://admin.karte.io/project/plaid
  • https://admin.karte.io/project/plaid/?TESTKARTE=true
  • https://admin.karte.io/project/plaid/?KARTE=false
  • https://admin.karte.io/project/plaid/?Plaid=1234

ページを編集、削除する

サイト右側の「...」ボタンより、ページの編集、削除が可能です。

null

ページの優先度を変更する

ドラッグ&ドロップで優先度を変更することができます。

null

ページの優先度について

優先度の高いページの設定内容が優先されるのは、同じブロックエリアのブロックを設定している場合のみになります。また、その際、ブロックに設定されている配信条件は影響しません。 つまり、ブロック間で配信条件が異なっていても、同じブロックエリアのブロックを設定していた場合は、ページ優先度の高い方の設定が優先されます。

サンプルケース1

  • ページA
    • 優先度1
    • ブロックエリアaのブロックを非公開で設定
  • ページB:
    • 優先度2
    • ブロックエリアaのブロックを公開で設定

この場合、ページAの設定内容が優先されるので、ブロックは非公開のままになります。

サンプルケース2

  • ページA
    • 優先度1
    • ブロックエリアaを非公開で設定
  • ページB:
    • 優先度2
    • ブロックエリアbを公開で設定

この場合、ページAとページBで設定しているブロックエリアが異なるので、ページの優先度に関係なくブロックは公開されます。