こちらはKARTE Liveのオプションをご利用のお客様の管理画面にのみ該当するアップデートです。

より自由に見たい条件でユーザーの動画を探せることを目指して、ライブストリーム画面を刷新しました✨

見たいユーザーや見たい体験の瞬間をスムーズに見つけて、そこから様々な仮説を得られるように、
機能性・デザインともに大きく変更を加えています。

主なポイントは以下の3つです。

1. 標準時からよく使う絞り込みを選べる

  • ライブストリーム画面を開いたときにすぐに見ることができるように、頻出条件「よく使われる絞り込み条件」と「最終ゴールでの絞り込み」を固定で表示しました。
  • 各条件の動画の件数を合わせて確認することができます(直近24時間の件数)。
  • まずは初回来訪者を見てみよう、1分アクティブに動いているユーザーを見てみよう、最終ゴールをしたユーザーを見てみよう、というように簡単な条件指定が可能となります。

null

2. 絞り込みの条件がさらにリッチに

  • 複数条件を指定できるAND検索や条件を含まないNOT検索ができるようになりました。
  • また、未読動画のみ表示することも可能になりました。
  • これにより、特定セグメントA, Bと体験が気になる特定ページαなど、見たい条件を柔軟に設定して動画を見つけることができます。

null

  • 具体的には、次の3つの条件に関する10項目のAND検索, NOT検索を組み合わせることができます。

  • ユーザー条件: ユーザー自体に関連する条件です。

    • ユーザーID
    • セグメント
    • 来訪回数
  • セッション条件: ユーザーのセッション内容に関する条件です。

    • URL
    • 滞在時間(アクティブ時間)
    • 動画ラベル
    • 最終ゴール
    • 中間ゴール
  • システム条件: ユーザーのUAに関する条件です。

    • デバイス
    • ブラウザ

null

3. 作った絞り込み条件をプロジェクトに保存できる

  • 設定した条件を何度も使うことはよくあると思います。今回のリニューアルにより、ライブストリームで設定し絞り込みた条件を保存して、後から、または他のメンバーでも使えるようになりました。
    ※対象期間の条件のみ保存できません
  • 目的ごとに複数の条件を作成しておいて、目的ごとの活用/運用スピードを上げることができます。

null

また、その他にも動画再生時のUI変更を合わせて行いました!
ライブストリームをお使いの際には、動画を再生しながら他のリスト動画や条件を探すこともあるため、動画再生画面のサイズを下記の通り変更しています。

  • 旧: 最大化・ミニプレイヤーの2種類
  • 新: 最大化・画面の条件やリストが同時に見れる中間モード・ミニプレイヤーの3種類

null

画面の詳細な説明は以下もご参照ください。