こちらはKARTE Liveのオプションをご利用のお客様の管理画面にのみ該当するアップデートです。

KARTE Liveとゴール機能を連携して、ゴールによる動画の検索と動画再生時にどの時点でゴールイベントが発生したかを確認できるようになりました🔍

ゴールの検索(ライブストリーム)

null

ゴール機能で作成した最終ゴール、中間ゴールが発生したセッションの動画を検索できます。
これにより、URLやセグメントだけでなく特定のゴールに至ったモーメントの動画もライブストリームで探せるようになりました。

こちらの機能の利用時の注意点は以下の通りです。

  • 検索は2020/04/04(JST)以降に発生したゴールが対象となります。
  • 上記日付(4/4)以降に、ゴールの新規作成/条件編集を行った場合、その翌日9時(JST)以降の録画データから新規作成/編集したゴールが適用されます。(=新規作成/編集したその日中ではライブストリームの検索条件に適用されません)

動画再生画面でのゴール発生タイミング表示

null

動画再生画面(プレイヤー画面)で特定の最終ゴール・中間ゴールが発生したタイミングを表示できます。

まず右下の虫眼鏡アイコンをクリックして、検索バーを表示します。
プルダウンから特定の最終ゴール/中間ゴールを選択すると、選択したゴールが発生している場合、直下のシークバー上に表示されます。発生タイミングでオレンジ色の縦棒線が表示され、閲覧中のユーザーがいつゴールしたのかをすぐ見てわかることができます。

こちらの機能の利用時の注意点は以下の通りです。

  • 2020/04/18以降に発生したユーザーの動画のみゴール表示が可能です。
  • 上記日付以降で、ゴールの新規作成/条件編集を行った場合、その翌日9時(JST)以降の録画データから新規作成/編集したゴールが適用されます。(=新規作成/編集したその日中では動画再生画面の検索条件に適用されません)

また、その他にも動画再生画面の利便性を高める改善をリリースしました🙌

  1. 動画再生速度のアカウントごとの保存

これまで動画の再生速度は設定時の閲覧中のみ適用され、別の動画をまた見るときには設定はデフォルト(1倍再生)に戻っていました。今回のアップデートにより、動画の再生速度設定はKARTEユーザーごとに保存されるようになり、次回以降動画を見るする時にも適用されます。

  1. 動画内ページリンクの追加

動画を見るときに、ユーザーがどのタイミングで特定のページを見たのかすぐに知りたい!と思ったことはありませんか?
今回のアップデートにより、動画内で特定の見たいシーンやページがあるときは、動画内ページリンクを使ったショートカットが可能になります。

null

右下にある動画内ページリンクのアイコンをクリックすると、閲覧中の動画のどの秒数地点でどのページを見ているか?がリスト形式で表示されます。

秒数部分を押すと、該当のタイミングに動画がスキップされて遷移します。
また、ページタイトル部分を押すと、実際のURLに遷移します。

ゴール機能をお使いであれば、ぜひ今回のアップデートによる機能もお試しください!