管理画面で設定したブロックの配信状況、今までの配信履歴等を確認することができます。グローバルナビゲーションの「ブロックス設定」→「配信履歴」をクリックして、画面にアクセスできます。

null

配信状況を確認する

管理画面上で下記の設定を行うと、設定内容がBlocksタグ(builder.js) に書き込まれ、サイトに配信されます。

  • ページ作成、編集、削除
  • オリジナルブロック作成、編集、削除
  • ブロック変更、編集、削除
  • 配信条件作成、編集、削除
  • ゴール作成、編集、削除
  • セグメント作成、編集、削除
  • その他ブロックス設定画面での設定変更時

配信が開始されると下記のように「配信準備中です」というメッセージが表示されます。

null

配信が成功するとステータスが青くなり、メッセージに設定内容が表示されます。

null

また、画面上に表示される内容の定義はそれぞれ下記になります。

  • Deployed:builder.jsがサイトに配信された時間
  • Status:配信ステータス
  • Type:配信タイプ
    • 通常配信:通常配信を行った場合に表示されます
    • 配信停止:緊急停止機能を活用した場合に表示されます
  • Message:設定した内容が表示されます
  • Duration:配信までにかかった秒数
  • Size:builder.jsのファイルサイズ
  • Operator:設定を行ったアカウントのメールアドレス

過去の配信履歴を確認する

現状の配信状況を確認する以外に、過去の配信履歴も確認することができます。

null

注意点

  • 一定時間内で続けて設定の編集を行った場合、builder.jsへの配信は1つにまとめられることがあります。
    • 例えば配信条件を5つ同時に非公開/公開した場合、配信履歴ページ上に5つ設定内容が表示されるのではなく、いくつかの設定がまとまって表示されることがあります。
    • 「...」→詳細をみるをクリックすると、それぞれの設定内容を確認することができます。
  • 画面上で表示されているbuidler.jsのサイズは圧縮前のサイズになり、実際にサイトに配信されているサイズとは異なります。(実際にbuilder.jsがサイトに配信される際は圧縮、軽量化されてCDNに送信されます。)
  • 配信されているbuilder.jsのサイズを確認する場合は以下の方法で確認してください。
    • サイトにアクセスしてChrome DevToolsを開く(ブラウザで右クリック→検証を選択)
    • Networkタブをクリックし、検索窓でbuilder.jsと入力し、画面をリロードする
    • 「Size」を確認

null

#karte_blocks