ブロックライブラリとは、サイト内でよく使われるブロックを保存しておく場所です。ブロックライブラリを使うことで、様々なページや場所でライブラリに保存されたブロックを呼び出し、編集・配信することができます。

以下で具体的な操作方法をご説明します。

ブロックライブラリ内にブロックを作成・保存する

1. ブロック編集画面で、作成・編集したブロックをライブラリに保存する

  • ブロック編集画面右上にある、ブロックライブラリに追加ボタンをクリックすることで、ライブラリに保存することができます。
  • ブロック設定時に、オリジナルブロックを元に作成から作成し、そのままライブラリに追加することで、元々サイトにあるブロックをそのままライブラリに保存することもできます。

null

2. ブロックライブラリ画面から、新規でブロックを作成してライブラリに保存する

  • ブロックライブラリ画面右上のブロックを作成ボタンから、新規でブロックを作成します。
  • プレビューするページと位置を指定すると、プレビューが表示されます。

null

  • 新規作成時は、テキストブロックがサンプルで一つ入っています。その状態から自由に編集し、ブロックを新たに作成していきます。

ライブラリにあるブロックを呼び出して設置・編集する

  • ブロックの設定画面でブロックライブラリから作成を選択して、ライブラリにあるブロックを呼び出して設置・編集することができます。

null