Yahoo!広告での事前設定

Yahoo!広告ではKARTE DatahubでオーディエンスオフラインCVの接続先設定を行うための必要項目の取得・設定を行います。
主に以下3点を実施します。

  1. Yahoo!広告 APIの申し込み
  2. Yahoo!広告 API管理ツールからの登録設定
  3. APIコールの実施

Yahoo!広告 API管理ツールからの登録設定

①Yahoo!広告 APIの申し込み

②アプリケーションの登録

  • Yahoo!広告 API管理ツールの管理権限を持つビジネスIDでログインが必要です。
    null

  • Yahoo!広告 API管理ツールを表示します。

    • アプリケーション一覧画面で、登録アプリケーションをクリックします。
    • アプリケーション登録画面に表示される下記の項目を入力します。(全項目必須)
      項目名 内容
      アプリケーション名 任意の名称を入力
      アプリケーションの説明 任意の説明を入力
      リダイレクトURI リダイレクトURIがない場合は、半角英字で「oob」と入力でも可。
  • 登録が完了されると、以下の項目が表示されます。

    • クライアントID,クライアントシークレットを取得します。
      null
  • 参考)Yahoo!広告のアプリケーションの登録について

③APIコールの実施

  • APIコール実施の手順に沿って、認可画面のダイレクトをする準備をします。

    • CLIENT_ID、REDIRECT_URIを②アプリケーション時に取得した内容に変換します。
    • stateは必要に応じて、使用します。
      null
  • 準備した内容をもとに、webブラウザ等で認可画面へのリダイレクトを実施します。
    null

  • Yahoo!広告のログイン画面に遷移しますので、ログインをします。

  • 広告運用の対象であるYahoo! JAPANビジネスIDでログインをし、「承認」をクリックします。
    null

  • アプリケーション利用者が承認した場合、エンドポイントに設定したリダイレクトURIへリダイレクトされ、認可コード(code)が渡されます。
    null

  • 認可コードを使って、認可APIへリクエストを送信するための準備をします。

    • パラメータにクライアントID、クライアントシークレット、リダイレクトURI、認可コードを設定します。
      null
  • 準備した内容をもとに、webブラウザ等でリクエストを実施します。

    • アクセストークンとリフレッシュトークンがレスポンスされます。
    • アクセストークンはレスポンスから1時間を経過すると無効化されますが、リフレッシュトークンを使って都度で新しいアクセストークンを発行することが可能です。
    • リクエストに成功すると、HTTP ステータスコード 200 がレスポンスされます。