概要

  • このドキュメントでは、KARTEの外部で準備したcsvファイルのメールアドレスリストに対してKARTEからターゲット配信する方法を記載しています。
  • Datahub のプラグインが必要となります。
  • このドキュメントで記載する内容はSQLのスキルのない方でも実装可能な方法を説明しています。

設定の流れ

  1. メールアドレスリストのcsvファイルを準備する
  2. Datahubでcsvファイルを取り込む
  3. 取り込んだcsvファイルにクエリを実行しメールアドレスとリストを抽出する
  4. 配信設定の編集をする
  5. 接客サービス作成フローの 対象ユーザー 設定をする
  6. 接客サービスを配信する

設定方法

1. メールアドレスリストのcsvファイルを準備する

2. Datahubでcsvファイルを取り込む

  • データセットでテーブルを作成する。

KARTE Datahub > データセット 画面に遷移
null作成 > テーブルを作成nullテーブル名``追加先データセット を指定し、 作成する ボタンをクリック
nullCSVファイルからインポート を選択し、ファイルを選択してください。
null

CSVファイルのデータが取り込まれます
null

3. 取り込んだcsvファイルにクエリを実行しメールアドレスリストを抽出する

  • クエリを作成 をクリック
    null

  • デフォルトで表示されているクエリを利用し、 クエリを実行
    ※ 取り込み件数が1,000件を超える場合は、デフォルトで表示されているクエリ末尾の limit 1000 を削除してください。
    null

  • 保存 する
    null

参照:クエリを実行する

4. 配信設定の編集をする

  • 配信設定の編集 をクリック
    null

  • 対象のフィールド を指定

  • 「利用する」にチェック
    null

参照:メール等をリスト配信する

5. 接客サービス作成フローの 対象ユーザー 設定をする

  • 配信モードターゲット配信 を選択
    null

  • 対象ユーザーDataHubクエリ を選択し、 使用するクエリ で保存した該当のクエリを指定
    null

6. 接客サービスを配信する

  • 5.の編集箇所以外は通常通りのフローで接客サービスを作成・配信してください。