トラブルシューティング用レポートとは

接客サービスの配信に、何らかの問題が起きたときに発生するイベントを集計したレポートです。
接客サービスが配信されない時のトラブルシューティングに役立ててください。

なお、接客アクションのJSエラーのみを抽出したレポートを「接客エラーレポート」にご用意しています。
JSエラーの発生についてはお知らせ機能で自動通知設定も可能です。

トラブルシューティング用レポートの見方

  • グローバルナビゲーション>レポートアイコン>トラブルシュート用レポート からレポートを選択してご覧ください。

  • レポート画面右上、「表示期間」に任意で指定した期間に発生したエラー情報がレポートに反映されます。

  • 現状、任意の日時期間を指定することはできません。

  • グラフは日時のエラー発生件数の推移を表示します。

  • 表に表示される内容の詳細は以下をご覧ください。

エラーが多い接客サービス・アクション

接客アクションのJSエラー発生件数による接客サービスの降順一覧です。
接客エラーレポートに表示しているものと同一のものです。

基本的には、接客アクションのカスタマイズを行なった結果のエラーの可能性が高く、カスタマイズを行なった場合はサポート対象外となるためエラー内容をご参考にカスタマイズ箇所の修正をお願いします。

配信制御率が高い接客サービス・アクション

接客サービスの配信判断が下った(配信対象ユーザー条件や配信トリガー条件に合致した)後、なんらかの配信制御によって配信を抑制された接客サービスの降順一覧です。

配信制御がされる場合主に下記の理由があります。

  • 同時配信設定により他の接客サービスの優先順位に負けた
  • 接客全体のフリークエンシー設定により制御された

接客サービスが配信されない理由の詳細調査方法についてはこちらのサポートサイトをご参照ください。

非表示率が高い接客サービス・アクション

接客サービスの配信イベント(message_open) ÷ 接客サービスの配信準備イベント(message_ready)の割合を非表示率として表示しています。

配信準備が行われていて、配信イベントが発生しない場合の主な理由は以下のとおりです。

  • 接客サービスのアクション内で、表示の制御を行うJavascriptが書かれている
  • widget.show()関数が何らかの理由で削除されている(Script配信など)

no actionが高い接客サービス・アクション

接客サービスを配信時に、表示すべきアクションがない場合に message_readyでno_action:true というイベントが発生します。これをno actionと表現しています

no_actionが発生する理由は以下のとおりです

  • 接客サービス内のユーザー情報変数の置換が失敗した
    • デフォルト値が設定されていない場合
    • 配信するユーザーが該当のユーザー情報変数を持っていない場合

指標定義

指標名 定義
配信準備数 接客サービスの配信判断が下った時に発生する_message_readyイベントの発生件数
エラー数 アクションのJSエラー発生時の_errorイベントの発生件数
エラー率 エラー率=エラー発生件数/接客配信準備数。接客サービス配信の判断が下された回数に対する、エラーイベントの発生回数の比率。
配信制御率 配信制御率=配信制御数/配信準備数。接客サービス配信の判断が下された回数に対する、接客サービスがなんらかの配信制御により配信がされなかった回数の比率。