テスト用のBlocksセグメントを設定することで、実サイトで自分だけに配信を行い、実サイトで設定した内容を確認することができます。

テスト用のBlocksセグメントを配信条件に利用する

テスト用のBlocksセグメントは予め用意されています。グローバルナビゲーション→セグメントに遷移し、テスト用のフォルダをクリックします。

null

null

上記の「テスト用(#test)」というBlocksセグメントを配信条件画面で設定します。配信条件画面で配信条件の作成、編集モーダルを開き、セグメントで「テスト用(#test)」を選択します。

null

この配信条件をブロックに設定して配信すると、配信したページのURLの末尾に「#test」と設定した場合のみブロックの置き換えが実行されるようになり、本番環境での挙動確認、テストができるようになります。

実サイトにブロックを配信する場合は、プレビューでの確認に加え、テスト配信も行っていただくことを推奨としています。