KARTE Blocksでは、PC・SPサイトどちらもブロックとして扱うことができますが、サイトがどのように構築されているかによって最適な運用方法が異なります。このページでは、サイトの構築パターンと各パターンごとの運用方法について説明します。

パターン

PC・SPサイトの構築パターンとしては大きく以下3つが挙げられます。まずは自分のサイトがどのパターンに該当するか確認してください。

  1. レスポンシブWebデザインで実装している
  2. ユーザーエージェント判定によって、PC・SPサイトでソースコードを出し分けている
  3. PC/SPでURLが別

それぞれの特徴としては以下の通りです。

パターン ページのURL ソースコード
1.レスポンシブWebデザインで実装している 同一 同一
2.ユーザーエージェント判定によって、PC・SPサイトでソースコードを出し分けている 同一
3. PC/SPでURLが別

各パターン別の運用方法

各パターンによって、設定方法がそれぞれ異なります。

1.レスポンシブWebデザインで実装している

ページ登録

  • URLは同一のため、一つのページとして登録する(PC/SPで登録するページを分けない)

オリジナルブロック登録

  • ソースコードはPC/SPで同一のため、PC/SPを区別せずにブロックを登録する
    • サイト側で設定されているデザイン調整が適用されるので、PC/SPを区別せずに登録しなくても問題ありません。

ブロック配信

  • 上記で登録したブロックに対してデバイスごとに出し分けたい場合、PC/SPそれぞれを配信対象とした配信条件を作成し、ブロックに紐付ける。PC/SP配信用のセグメントを予め用意していますので、ご活用ください。

2.ユーザーエージェント判定によって、PC・SPサイトでソースコードを出し分けている

ページ登録

  • URLは同一のため、一つのページとして登録する(PC/SPで登録するページを分けない)

オリジナルブロック登録

  • ソースコードがPC/SPで異なるので、PC/SPそれぞれでブロックを登録する(ブロック登録する際のCSSセレクタが異なるため)
  • SPサイトの要素をブロックとして登録する場合は、Chrome Dev ToolsでSP用のデバイスにエミュレートした上で登録する。 設定方法は下記をご確認ください。

null

ブロック配信

  • ソースコードがPC/SPで異なるので、デバイスごとの配信条件を設定する必要はなし

3.PC/SPでURLが別

ページ登録

  • URL自体が別のため、PC/SPでそれぞれページを分けて登録する

オリジナルブロック登録

  • PC/SPでページ自体が異なるので、PCの場合はPCのページから、SPの場合はSPのページからそれぞれブロックを登録する
  • SPサイトの要素をブロックとして登録する場合は、Chrome Dev ToolsでSP用のデバイスにエミュレートした上で登録する。 設定内容は下記をご確認ください。

ブロック配信

  • URL自体がPC/SPで分けられているので、デバイスごとの配信条件を設定する必要はなし

注意点