2020年3月に公開されたIntelligent Tracking Preventionについて、KARTEへの影響調査を行ったところ、影響内容はITP2.3と同様ですが発生条件がより広がりました。
ITP2.3と比較したITP202003の条件の違いについてまとめます。

visitor_idの有効期限の短縮

visitor_idはCookieとLocalStorageに保存されています。通常、有効期限が最終アクセスから2年間有効なところ、ITPの条件を満たす場合7日間に短縮されます。
詳しい影響内容と対策についてはITP2.3の記事をご参照ください。ITP2.3における影響1

発生条件の違い

ITP202003により影響が発生する範囲が広がりました。

条件 ITP2.3 ITP202003
環境とブラウザ iOS 13, iPadOSベータ版のSafari
macOSのSafari 13
iOS 13.4, iPadOS 13.4のSafari
macOSのSafari 13.1
流入元サイト tracker判定されたサイトのみ すべてのサイト
流入元のURL クエリやフラグメント付きのURL すべてのURL

また、LocalStorageの有効期限が一律7日間の制限が追加されたことにより、サイトへの再来訪が7日間ない場合はvisitor_idが失効します。これにより、同一ブラウザからのアクセスであっても別ユーザとして扱われます。影響の一例として、「visitorとのチャット履歴は7日間で紐付けられなくなる」などがあります。

クロスサイトリファラのダウングレード

別ドメインからナビゲートされ、ITPの条件を満たす場合、リファラの情報はドメインレベルの情報のみになります。(例:https://karte.io/page/?hoge=1234https://karte.io/ になります)
詳しい影響内容と対策についてはITP2.3の記事をご参照ください。ITP2.3における影響2

発生条件の違い

ITP202003により影響が発生する範囲が広がりました。

条件 ITP2.3 ITP202003
環境とブラウザ iOS 13, iPadOSベータ版のSafari
macOSのSafari 13
iOS 13.4, iPadOS 13.4のSafari
macOSのSafari 13.1
流入元サイト tracker判定されたサイトのみ すべてのサイト
流入元のURL クエリが含まれる場合のみ すべてのURL

参考: ITP202003とは

iOS, iPadOS 13.4, macOSのSafari 13.1におけるIntelligent Tracking Prevention (ITP)の取り決めです。詳細な仕様については下記をご参照ください。

Full Third-Party Cookie Blocking and More | WebKit