Webサイトで重要なイベントを「ゴール」として設定することができます。ゴールの例としては、主に以下が挙げられます。

  • 会員登録完了
  • 資料請求完了
  • 購入完了

設定の流れ

  • グローバルナビゲーションから「ゴール」を選択します
  • 右上の「ゴールを作成」をクリックします
  • ゴール名とゴールとして計測したいページのURLを入力して追加をクリックします

null

Tips:複数のゴールを登録しておきましょう

ブロックの配信を行うと、配信条件単位で効果を確認することができます。
複数のゴールを設定しておけば、複数のゴール数値を比べながら新しい気づきを得ることができます。

null

最終ゴール/中間ゴールの考え方

Webサイトの「最終ゴール」は、多くの場合「コンバージョン」に該当するゴールを設定します。
「コンバージョン」に該当するゴールはサイトによりさまざまです。
また、「最終ゴール」に到る手前の「中間ゴール」を適切に設定し、中間ゴールのコンバージョン率を高めていくことも重要です。

まずはご利用のサイトに適切な「最終ゴール」と「中間ゴール」を設定しましょう。

業界別ゴール例

業界 中間ゴール 最終ゴール
EC・アパレルサイト 商品詳細ページ閲覧、カートページ閲覧 購入完了
人材サイト 案件詳細閲覧、新規会員登録完了 求人案件応募完了
不動産サイト 物件詳細閲覧、資料請求完了 来場予約完了、物件申込完了
金融・保険サイト 見積シミュレーション完了、資料請求完了 問い合わせ、商品申込完了
BtoBサービスサイト 事例ページ閲覧、料金ページ閲覧、資料一覧画面閲覧 問い合わせ、資料請求完了

ゴール登録における注意点

  • ゴールとして計測したいページにBlocksタグが設置されていないとゴールの計測が行えません
    • ゴール計測したページにBlocksタグが設置されているかご確認ください。
  • ゴールを作成したタイミングから、計測が開始されます。ただし、管理画面の数値は20分ごとに集計、更新されるので、即時では反映されません。
  • (KARTE Insightをご契約・ご利用頂いている場合)KARTE InsightのゴールをKARTE Blocksのゴールとして利用できます。
    • その場合、ゴールとして計測したいページへのBlocksタグの設置は必須ではありません。
  • その他、詳細仕様は「ゴール」をご確認ください。

#karte_blocks