ここでは、Webページ上で取得できる外部サービスのCookieを使ってKARTE上の複数ビジターをマージする方法について説明します。

この機能は計測タグv2設置ページのみで利用可能です

想定する主な使用目的

この機能でできること

  • Webページ上からKARTEに対して「外部サービスのサーバーサイドCookieに保存されたID」を連携することで、そのIDを使ってKARTE上に複数いるビジターを1人のユーザーにマージすることができます
  • これにより、「本来は同一ブラウザからのアクセスであるにも関わらずKARTE上では別々のユーザーとして計測されたビジター」を、KARTE上でも同一ユーザーとして解釈し直すことができるケースがあります

この機能ではできないこと

  • この機能で利用するためのサーバーサイドCookie自体をKARTEから発行することはできません。サーバーサイドCookieは、別のサービス(Googleタグマネージャー等)を使って発行する必要があります

注意点

  • この機能を通じてKARTEに連携されるIDが正しくない場合、別々のブラウザからアクセスした別々のビジターが、意図せずマージされてしまう可能性があります
  • たとえば、ユーザー全員に固定のIDを連携してしまうと、意図せず全ユーザーが同一ユーザーにマージされてしまう恐れがあります
  • タグの実装においては、ブラウザ毎にユニークなIDが正しく連携されるよう、事前に十分に検証してください
意図せずユーザーがマージされてしまった期間のイベントデータについては、正しい状態に後から復元することはできません。十分に注意してタグの実装や検証を実施してください。

設定方法

タグを設置する

  • 下記のようなタグをWebページ上に設置することで、KARTEに外部サービスのIDを連携することができます
<script type="text/javascript">
krt('set', {
    external_id: {{外部サービスのIDを文字列で渡す}}
});
</script>

※ まずは検証用のユーザーに対してのみタグを配信し、問題が無ければ全ユーザーに適用するようにしてください

ユーザーのマージを確認する

null