KARTE Signalsでは、KARTE DatahubのデータをConversions APIを経由してFacebook広告に連携することができます。ここではその連携方法について説明します。

できること

  • webのピクセルだけでは欠損するコンバージョンデータを補完(コンバージョン補完
  • Conversions APIで送ったイベントデータをもとにオーディエンスリストを作成(リターゲティング
  • 特定のコンバージョンイベントやValueを送ることで学習をサポート(入札最適化

事前準備

Facebook広告に送るためのデータ作成・送信設定

データ作成

  • Facebookに送るためのデータを作成します。
    クエリ > 作成 > コレクションから作成 > すべてのクエリ > 「Facebook Conversion API連携」 テンプレートクエリを選択し「このクエリを利用」をクリック
    ※コンバージョンページにのみ計測タグを設置している場合には、「Facebook Conversion API連携(CVページのみにタグ設置用)」のクエリテンプレートをご利用ください。
    null
  • クエリの「パラメーター設定」を定義変更し、Facebookに送るためのクエリを作成してください。
  • 最適化のためには少なくとも24時間以内のデータを日次送信を推奨しております。
  • 可能であれば毎時データを推奨しておりますが、ジョブフロー(データ送信)上限数がございますのでご契約内容に合わせて設定してください。
パラメーター名 説明
◯時間前までのデータを利用する 使用するデータの期間
facebookのutm_source名 facebook広告に付与しているutm_sourceパラメーター名
複数広告接触の場合除外したいutm_source名(ない場合none) 除外対象にしたいutm_source名 ※1
コンバージョン◯日前までのリファラーを利用する 広告接触から何日以内のコンバージョンを対象として含めるか
対象イベント 送信したいイベント名
対象イベントフィルタ 送信したいイベントを複数選択している場合に使用。複数のイベントのうちユーザー単位で最初のイベントに絞る、ユーザー単位で各イベントごとの最初のイベントに絞る、何も絞らないが選択可能
ユーザーデータの取得元 identifyイベントにメールや電話番号が含まれる場合はイベントデータを選択、紐付けテーブルや自社データベースからメールや電話番号を連携する場合はその他を選択
facebookのイベント名 facebook側に送る際のイベント名

※1 yahoo, googleと設定した場合コンバージョンまでに「google広告 -> facebook広告 -> yahoo広告」など、複数媒体の広告と接触していた際にfacebook広告が最終接触ではないのでコンバージョン対象から除外されます
※2 Facebookの 標準イベント がPurchase、StartTrial、Subscribeの場合、下記をデフォルトで取得しています。変更する場合は、SQLエディタを編集します。

  • value:revenueから値を取得
  • currency:JPYを設定
  • predicted_ltv:0を設定

クエリコレクションで連携可能な識別子

facebook Conversions APIテンプレートクエリを利用することで Meta社のドキュメント に記載されているマッチングクオリティを向上させるパラメーターのうち以下の連携が可能です。

パラメーター 優先度 連携タイプ
ハッシュ化されたメールアドレス 最高 ※1
クライアントIPアドレス/クライアントユーザーエージェント デフォルトで連携
ハッシュ化された電話番号 ※1
FacebookログインID 連携なし
その他のハッシュ化された連絡先情報 連携なし
外部ID デフォルトで連携 ※2
ブラウザーID デフォルトで連携
クリックID デフォルトで連携
リードID 連携なし
サブスクリプションID 連携なし

※1.メールアドレス、電話番号を送信する場合以下の方法があります

  • identifyイベントで送っているメールアドレス、電話番号を連携する
    • パラメーター設定 > ユーザーデータの取得元をイベントデータに変更してください
  • 紐付けテーブルに存在するメールアドレス、電話番号を連携する
    • ジョブフローを利用し、該当紐付けテーブルのデータをKARTE Datahubのデータセットに移動します。データセット名をpersonal_data, テーブル名をpersonal_dataで作成し、パラメーター設定 > ユーザーデータの取得元をその他に変更してください
  • 自社データベースに存在するメールアドレス、電話番号を連携する
    • ジョブフローを利用し、自社データベースの該当テーブルをKARTE Datahubのデータセットに移動します。その上でクエリコレクションのwith句のuser_dataに存在するprd-karte-per-client.personal_data_{{api_key|safe_param}}.personal_dataのテーブル名をデータセット名に変更してください

※2.外部IDについて
外部IDはConversions APIで送信するIDとサイトのピクセルから送るIDを一致させる必要があります。
例えば購入時に注文id(order_id)をevent_idとして用いる場合以下カスタムイベントタグを記述していただく必要がございます。

ピクセル

fbq('track', 'Purchase', {value: 12, currency: 'USD'}, {eventID: [order_id]});

詳しくは Meta社のドキュメント を参考にしてください。

KARTE Signals

krt('send', 'Purchase', { event_id: [order_id]});

クエリコレクションで送信できる値

クエリコレクションで送信できる値の定義は以下Meta社のドキュメントを参考にしてください。
FB_コンバージョンAPIパラメータページ

送信設定

  • KARTE Datahubのグローバルナビゲーションからジョブフロー > 作成ボタンをクリック
    • ジョブの追加ボタンをクリックし、データテーブルからエクスポートを選択
    • エクスポート先で外部サービスを選択し接続先の作成・管理をクリック
    • 作成からFacebook Conversions APIを選択
      ※Facebook Conversions APIが表示されない場合は営業担当に問い合わせください
    • 「facebook広告での設定」でコピーしたピクセルID、アクセストークンを貼り付けて保存をクリックし、接続先に設定をクリック
      null
  • クエリの選択では「データ作成」で作成したクエリを選択し、完了ボタンをクリック
  • その他ジョブフローの設定画面に「実行方法を選択」や「ジョブフローの設定」は適宜記入してください

送信確認

  • facebookのイベントマネージャーを開きます。
  • コンバージョンAPI対応のピクセルを選択し、イベント一覧から接続方法を確認します。
    • 接続方法が「サーバー」または「ブラウザ・サーバー」になっているイベントが存在すれば接続は完了です。
      ※イベント送信から反映まで1時間程度かかる場合があります。

null