接客の設定

  1. 管理画面から接客の新規作成ボタンをクリック後、 設定値を変更する を選択
  2. アクションから、「アクションを追加する」をクリック
  3. テンプレート選択画面で 設定値配信 テンプレートを選択し、「アクションを作成」をクリック
  4. アクション:カスタマイズエディタで、設定値配信にて用いる変数名と値を設定
  5. 対象ユーザ:配信対象とするセグメントを指定
  6. 対象イベント:自動で変数取得イベントがトリガーになるため、配信条件の設定は不要
  7. スケジュール:配信スケジュールを指定

効果測定

変数が配信された時に自動で接客準備(_message_ready)イベントが発生します。
変数をバナー表示等の接客に利用する場合、アプリ側の実装により表示(message_open)やクリック(message_click)の計測も可能となります。
参考:サービス詳細画面 アクション比較の使い方 | KARTEサポートサイト

なお、アプリ側の表示(message_open)クリック(message_click)の実装を行わない場合、接客サービスの詳細画面にて、配信数やクリック数は計測されません。ご留意くださいませ。
実装については、以下サイトや、本ページ末の実装例をご参照ください。
参考:設定値を利用する:効果測定iOS
参考:設定値を利用する:効果測定Android

設定値の取得失敗時のリトライの扱いについて

fetchによる取得失敗時は、再取得の処理は行われません。再取得を行う場合は、独自にリトライ処理を実装下さい。値を取得の際のエラーハンドリングを行い場合は、fetchの代わりに、fetchWithCompletionBlock をご利用いただき、isSuccessfulfalseの際のハンドリング処理を実装ください。

参考:fetchWithCompletionBlock

接客の設定例

アプリのトップ画面にバナー枠を設置するケースを想定します。

対象ユーザ

特定のカテゴリAに興味があるユーザ

変数設定例

意味 変数名 値の例
バナー画像URL top_banner_image https://example.com/img/category_a_campaign.png
クリック時のリンク top_banner_link exampleApp://category_detail/category_a

※ 参考:画像URLの指定は、お客様にて準備頂いたURLを指定頂くほかに、KARTEの静的変数の「画像タイプ」を指定することで、KARTEに直接画像をアップロードする形での設定も可能です。画像タイプを指定の際は、静的変数の値入力部分の左のアイコンをクリックいただき、メニューから「画像」を参照下さい。

null

実装例(swift)

トップ画面起動時に上記変数の取得を試みて、変数があればバナー表示させる。fetch()はアプリ起動時に実行してる前提。

    let bannerImageUrlVar = KarteVariables.variable(forKey: "top_banner_image_url")
    let bannerClickLinkVar = KarteVariables.variable(forKey: "top_banner_image_click_link")

    // bannerImageとbannerLinkが空文字ではない場合、bannerImageを表示する処理を実行する。
    if let imageUrl = bannerImageUrlVar.string, let clickLink = bannerClickLinkVar.string {
        //imageUrlとclickLinkを利用してバナーを表示
        // 任意の実装...

        //message_openを計測
        KarteVariables.track(variables: [bannerImageUrlVar, bannerClickLinkVar], eventName: KarteEventMessageOpen)

        //バナークリック時はmessage_clickを計測
        //KarteVariables.track(variables: [bannerImageUrlVar, bannerClickLinkVar], eventName: KarteEventMessageClick)

    }